レビュー一覧に戻る
扉をたたく人
2009年6月27日公開

扉をたたく人

THE VISITOR

1042009年6月27日公開

エル・オレンス

5.0

ネタバレあの序盤からあのラストは全く予想できない

いやぁ、自宅に見知らぬカップルが暮らしていたというトラブルの序盤シーンから、あのラストは全く予想もつきませんでした。 大学教授&不法滞在の移民という組み合わせも新鮮だし、前半は会話の中でしか登場しなかったタレクの母親も、後半で顔を出すどころか、まさかウォルターとあそこまで1対1で親密な関係になるとは思いもしなかったのでビックリ!あくまでも恋仲には発展しないまま別れるのも好感持てます。 妻に先立たれて、無気力と無関心と孤独に陥り、卑屈がちだったウォルターが、予期せぬ縁と出逢い、ジャンベ音楽に目覚め、色んな人達と繋がっていくことを通して「愛する」ことを知っていく心情変化の過程が実にドラマチックで素晴らしいです。「The Visitor」という原題センスもGood。 ウォルター役のリチャード・ジェンキンスの渋く奥深い自然な演技も素晴らしいし、タレクの母親モナク役のヒアム・アッバスも魅力的です。 結局最終的に解決には至らないものの、未練や悔しさなどを全く感じさせない、あの駅ホームでの快活なジャンベ演奏のラストシーンがとても印象深いです。

閲覧数137