2009年10月10日公開

クヒオ大佐

1122009年10月10日公開
クヒオ大佐
3.1

/ 919

10%
23%
39%
21%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1990年代初頭、クヒオ(堺雅人)は、自分はアメリカ軍特殊部隊のパイロットで、エリザベス女王とも血縁関係にあたるなどと吹聴し、次々と女性たちをだましていた。だが、実際彼は純粋な日本人で、華麗な経歴もすべて自ら作り出したものだった。弁当店を営むしのぶ(松雪泰子)も彼の立派な軍服姿にころりとだまされ、懸命にクヒオに尽くすが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(328件)

笑える20.4%コミカル17.7%切ない17.2%楽しい8.8%悲しい6.2%

  • sou********

    5.0

    クヒオ大佐は堺雅人さんの隠れた大傑作。日テレドラマダマされた男よりも大傑作

    最近放送された堺雅人主演日本テレビドラマ ダマされた男はつまらなすぎて堺雅人さんの良さが出ていなかったです。せっかく広末涼子さんが出演していたのに残念でした。視聴率も1桁で大コケしました。 映画クヒオ大佐は堺雅人さんの良さが出ていて最初から最後まで大笑いの連続でした。お鼻が不自然に大きいアメリカ軍人になりすました堺雅人さんのクヒオ大佐は結婚詐欺師でたくさんの女性たちをダマしていました。それが不自然で大笑いです。松雪泰子さんが騙され役でなかなか良かったですよ。まだ観ていない人はぜひ映画クヒオ大佐をご覧ください。

  • cyborg_she_loves

    2.0

    笑えないコメディ

    着想は史実から取っていますが、物語の大半はフィクションです。てか「クヒオ大佐」の実像には今でもわかっていない部分が多い。てかそもそも「大佐」の場合に限らず結婚詐欺というもの自体が、第三者が客観的実像をとらえることの非常に難しい犯罪です(「愛」というきわめて曖昧なものをめぐる犯罪だから)。  「クヒオ大佐」のことをこの映画で初めて知ったという人は多いと思います。でも、これを史実の再現だと思って見てはいけません。これはあくまでフィクションであり、コメディです。  詐欺っていうのは、とりわけ被害者が社会的・経済的弱者の場合は、非常に悪質な犯罪であり、その被害で人生が破滅した人も沢山いるというのに、映画やドラマでは、なぜかコメディの題材にされることが多いですね。  古典的な「スティング」や「ペーパー・ムーン」を始め、最近の「コンフィデンスマンJP」とかに至るまで、憎めない詐欺師を描いた映画やドラマが絶大な人気を集めている。  私は別に、「騙されるやつが馬鹿なのだ」という映画を作るのは倫理的にけしからん、などと堅苦しいことを言って詐欺師映画に腹を立てる必要があるとは思いません。  コメディはコメディとして単純に笑って見ればいいと思います。コメディを真に受けて「よし私もあんな詐欺師になろう」なんて考えるやつがいたとしたら、そういうやつこそ馬鹿者です。すぐ捕まるに決まってます。  それが本当に笑えるコメディなら、単純に大笑いすればいい。  この映画は、全然笑えないんです。面白くない。  だって、「クヒオ大佐」はどこからどう見ても100%いかがわしい人物にしか見えないし、そんな男を、詐欺師だと知りながら心中しようと思いつめるまで好きになってしまう女性(松雪泰子さん)は、全然笑えない、ひたすら気の毒にしか見えないからです。  「大佐」が騙そうとしたあと2人の女性(満島ひかりさんと、中村優子さん)は、最終的には「大佐」は騙すのに失敗していますから、ここにも笑いの要素はありません。せいぜい「大佐」の手口の幼稚さに対する、鼻先で笑うような失笑が出てくるだけです。  要するにですね。  冷静に見たらこんな馬鹿げた手口で女性を騙した結婚詐欺師が、何と現実にいたんですよ、というお笑い映画を作ったつもりでしょうが。  出来上がったのは、誰ひとり最後まで騙しとおすことができず、ただ女性たちを不幸にしただけで終わった、憎たらしい男を描いただけの映画だった、というわけです。  本当に笑えるコメディなら、どんなに馬鹿げていても、反倫理的でも、後味はいいし、何度でも見たくなるものですが、この映画は、もう1度見たいとはまったく思いません。見終えた後味はすこぶる悪いです。  それに、このラストの5~6分ほどの右往左往は、何が言いたいんでしょうかね? 少なくとも私は、理解不能でした。

  • zas********

    4.0

    実話の映画化のお手本

    本来ならドロドロの怨念渦巻く結婚詐欺の話をファンタジーに仕上げ、詐欺師の暗い少年時代と 現在も子どもに向けるあたたかな眼差しとか 物語として出来過ぎのところを バレそうになった詐欺師の慌てぶりとか描いて重くならないように味付けしてる。実際の手口は恋心だけじゃなく、欲や見栄なんかを利用したんだろうけど、爽やかな笑顔で女を騙すので後味の悪さが残らない。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    堺雅人

    影の代表作

  • kai********

    3.0

    ネタバレ最後に本物になれたクヒオ大佐

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
クヒオ大佐

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日