ここから本文です

花と兵隊 (2009)

監督
松林要樹
  • みたいムービー 38
  • みたログ 21

3.13 / 評価:8件

解説

出征先の東南アジアで第二次世界大戦終戦を迎え、現地に残った未帰還兵たちの生の声をとらえたドキュメンタリー。家庭を持ち、現地で生活を営む未帰還兵たちが、日本へ帰らなかった理由を語り、生々しく衝撃的な戦争体験を告白する。撮影当時20代だった松林要樹監督が3年に及ぶ取材を敢行し、元兵士たちの心の奥でくすぶり続ける心情を導き出すことに成功。壮絶な体験を語る老人たちの表情のかげりに、胸を強く締め付けられる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

タイと旧ビルマの国境付近。多くの日本兵が戦死したり帰国したが、今もこの地で老後を送る者たちがいる。パオ族の女性と結婚した坂井勇は精米所を経営し、裏庭をカレン族やパオ族の人たちに貸しながら生活を送っていた。また、藤田松吉は800体の遺骨を集めて慰霊塔を自費で建てた。今、戦争の悲惨さが彼らの口から語られる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ