2009年10月10日公開

ATOM

ASTRO BOY

952009年10月10日公開
ATOM
3.4

/ 261

19%
26%
34%
15%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

空中都市メトロシティで暮らしていたが、事故で帰らぬ人となった少年トビー。テンマ博士は息子トビーをロボットとしてよみがえらせておきながら、もとのトビーとは違うからという理由で捨ててしまう。地上にやって来たトビーは、旧型ロボットや人間たちと触れ合ううちに、ここでアトムとして新しく生まれ変わることになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(148件)

勇敢12.2%ファンタジー12.2%楽しい10.6%泣ける9.6%かわいい9.4%

  • zel********

    2.0

    もう手塚アニメではない

    2003年から海外向けと化した、鉄腕アトム。 キャラデザインが!崩壊したとしか思えない。 内容も昔の鉄腕アトムは、勧善懲悪物にたいし、人間とロボットのありかたに、絞ってるが、日本人の好みそうな内容ではない。 勿論原作でも、そのテーマは描かれていた。 しかし、悪いことをした人を、凝らしめることも、同時に描かれていた。 1,960年代の初期アニメは、それが強い傾向はあるものの、それがうけていたのも事実。 むしろ日本人は、そういうストーリーが、好きなのではないのか? CGアニメのATOMは、キャラクターデザインも、完全に崩壊してる。 お茶の水博士等は、今放送してるフランスアニメGoGo!アトムと同じキャラデザインになってる。 アトムと全く違う昨年として観たら、それなりに楽しめるのかもしれないけど、本当にアトムファンなら違和感、ストレスが溜まる作品である。 アメリカではATOMというと原子=核というイメージで、アストロという名前にしてるが、いっそうのこと鉄腕アトムやアトムといタイトルではなく、アストロボーイまたアストロというタイトルで、原作を元にした全く違う作品として、作った方がいい。 手塚プロダクションも、あの鉄腕アトムを、今後作る気もなさそうだし。 実際CGアニメの劇中でも、アトムではなくアストロと呼んでるので、違和感あり過ぎの作品です。 今後海外アニメとして考えていないのでしたら、鉄腕アトムやアトムではなく、アストロボーイやアストロというタイトルで、制作していただきたい。

  • hig********

    5.0

    ネタバレ泣けた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • chi********

    3.0

    まあまあ

    なんか新しくない。心があるロボならばベイマックス超えて欲しかったな。 ベイマックスのほうが後で作られたか。ならばしょうがないか。 でも手塚治虫先生ならばどう思うだろうか。

  • tococo

    4.0

    ネタバレ原作に対するハッピーエンドでもある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 4.0

    ネタバレめっちゃ泣いた

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ATOM

原題
ASTRO BOY

上映時間

製作国
香港/アメリカ

製作年度

公開日