ここから本文です

ソラニン (2010)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 551
  • みたログ 3,528

3.52 / 評価:1863件

ライブシーンだけ、もう一度みたいなぁ

  • せぷたか。 さん
  • 2010年3月12日 18時47分
  • 閲覧数 672
  • 役立ち度 76
    • 総合評価
    • ★★★★★

幸いなことに
レビュアー限定試写会に
参加させてもらうことができました。

え~、なにもかも
全部ひっくるめて
この場をお借りし
お礼を申し上げます。
本当にありがとうございます(笑顔)


当日は雨模様でしたが、
(家路につくときは雪)
学生さんらしき若者を中心に、
これまでの試写会では経験したことのない熱気。

「ポスター欲しいなぁ」とジッと見つめる若者。
別にゲストの登壇はないのに、最前列から埋まる座席。

ちょっぴり場違いな所に来ちゃったかな・・

そう思いきや私の後ろの列に御年配のおじい様2人組。
年齢はかけ離れていますが、ホッと一安心したのも束の間。

なんとそのおじいさん。聞えてくる会話に耳を傾けると、
どうも原作マンガ『ソラニン』を愛読しているらしいこと判明。

「あの病院に置いてあるだろ。ヤングなんとかとかいう雑誌。
 それ読んでて面白そうだから、試写会に応募したんだわ」

上映前にもかかわらず、ネタバレにならんばかりの勢いで、
もう一人のお連れのおじいさんに漫画の内容を熱く語りだす。

おじいさん、あんた若すぎだよ・・

完全に一人ぼっちの状態で上映開始を待つことになってしまいました(苦笑)

☆彡     ☆彡

宮崎あおいさんって歌、上手いねぇ
ラストのライブシーンで一気に持って行かれたね
ラストのライブシーンだけ、もう一度みたいな!!



攻めの宮崎あおいさんと
受けの伊藤歩さん、岩田さゆりさん。

ラストのライブシーン
この構図が最高のシーンを生みだしています。

攻めの
宮崎あおいさんは、
表情や間だけでなく、
ピックひとつの動かし方、
指先まで研ぎ澄まされた演技を魅せてくれます。

受けの
伊藤歩さんは、いつも通りの安定感。
驚いたのは、岩田さゆりさんの表情演技。
いつの間に、こんなに上手くなったんだ、とビックリ!

ライブシーン中は
「早く岩田さんのカット来い!
 早く岩田さんのカット来い!!」と頭の中で念じてしまうほどでした。

とりあえずお隣にいた
ARATAさんが霞んで見えました。

◇   ◇

〈 過去の自分に別れを告げる 〉
〈 現在の人生に納得しているか 〉


ラストをいきなりクローズアップしたのは、
そこまでが、ちょっと厳しかった裏返しでもあります(苦笑)

原作未読のため、なんとも判断がつきかねるのですが、
ラストのライブシーン以外は、かなり原作に忠実に描こうと
しすぎたあまり、悪く言うと、間延びしたシーンが連続してしまったのかな、と。


映画を見ながら
「陰性のハチクロ」のような気がしたんです。

モラトリアムっていうんでしたっけ。
こんな風に人生に悩み続ける時期ってありますよね。

予告編で流れていたので書いちゃいますが
振り返るとこの時期って、生きつづけるか、
死んじゃうのかって紙一重な部分ってあると思うんです。


死で生が途切れることに恐怖を感じる一方で
生がこのまま続くことに恐怖を感じる理性も存在する。

周りに支えてくれる人がたくさんいるのに
地球上に自分ひとりしかいないような気持ちになってしまう。

ある程度、年齢や経験を重ねると
そこまで、積み上げてきたものや、
あきらめがあって、この手の作品を見ると
「甘えるんじゃない!」と一喝したくなる部分が
あるのは否定しませんが、作品世界と同年代の人が観た場合、
「悩んでいたのは、自分だけじゃなかったんだ」と救われるのかもしれません。



“国民的女優”と試写会場でもアナウンスされていましたが、
宮崎あおいさんは、遠い存在になりかけた自分を、今作に出演することで
みんなから手が届くポジションに戻りたかった、またそう思わせたかった、
だからこの役を受けたのかな、なんてことも、エンドロールを眺めながら考えてしまいました。

☆彡     ☆彡

客電点灯後、前方からパラパラと拍手が起きました。
わたしは、ラストのライブシーンで一気に高揚させられましたが、
これは、拍手しちゃいかんだろう、との意識のほうが強く働き、拍手はしませんでした。



役者さんやスタッフを含めた満足感や充実感と
観客側におこる感覚に乖離のある作品になってしまった気がします。

ラストのライブシーンって実際に演奏されていますし、
相当練習したでしょうから、やりきった感は、かなり強いでしょうから。
ただ、そのやりきった感が、お客さんにも起こるかどうかは、また別問題でして・・・。


花火のところとか好きなシーンはあったんですけどねぇ。
ライブシーンも演奏だけでなくて、演奏後にもこだわりは見られたんですけどねぇ。

ライブシーンが良すぎただけに、
なんとももったいない作品になっちゃったかな。う~ん、もったいない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ