レビュー一覧に戻る
サヨナライツカ
2010年1月23日公開

サヨナライツカ

R15+1342010年1月23日公開

アズマ

3.0

ネタバレ映像美

中山美穂さん、後半のどぎついメイク要らない。あー勿体ない。友人にバレるシーンであり、ああいうところこそ、清楚な色気で魅せないと。 わざとだったのでしょうか? やっぱり普通のロングヘアでセクシー目に笑うほうが良かった。 気づいたら本気になってました、というのはよく分かります。で、俺は本気になっちゃダメなのだとか、でも、だけど、という葛藤を「空気読んで」な映画。 バンコクが舞台だったから引き立つドレスだったりするので、舞台は良かったし映像美は楽しめました。 美穂さんキレイ。景色も美しい。 2回観てみましたが、光子が会いに来た場面要らない!どなたかも書いてらっしゃいましたが本当に要らない。あれがないほうが、後々の、「バレてた」感が際立つのになぁ、と思います。 友人と仲直り?しながら泣くシーンが良かった。やっぱり本気なのね、と分かりやすい。 西島さん、好きな俳優さんですがあんまり好青年は似合わないと思う。 恋愛自体がはるか昔の私ですが、恋愛ってその舞台とか景色だとか肉体的なことだとか、で大体構成されてるものだし、 そういった意味で、ずっと忘れられない人ということなんだろうな。というのが内容(ストーリー)の感想です。 1回目に観たモヤモヤイライラに答えを見出だせてちょっとすっきり。 だから、光子は恋愛できなかったのかなと。感じのやり取りとか。 いろんな愛のカタチがあるものですね。 バンコク行きたい、と思いました。

閲覧数2,832