囚われの女

LA CAPTIVE/THE CAPTIVE

112
囚われの女
3.6

/ 12

8%
58%
25%
0%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • りゃんひさ

    4.0

    ネタバレ眠れる美女しか愛せない男が遭遇する悲劇的な物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nn1********

    4.0

    一口寸評

    ベルギー出身、伝説の女性監督(15年65歳没)の映画祭にて。 全20作品中5本が本邦初公開。 見ようと思っているうちに日が経ってしまい、あわてて駆けつけ、やっとこの一本だけ満席の中で鑑賞。 ブルーストの『失われた時を求めて』の第五篇から想を得た。 原作にもある、摺りガラスに隔てられた浴槽シーンがエロチック。 登場人物の名前を変えただけで、ストーリーもほぼ踏襲。 祖母とメイドと豪邸に暮すシモン(スタニラス・メラール)は、恋人アリアーヌ(シルヴィー・テステュー)を家に同居させている。 愛は薄れたのに嫉妬心は募り、同性愛を疑って、彼女が外出すると尾行してしまうのだった…。 話の展開より映像と音が魅力。 ねちっこい長回し、夜の娼婦を捉えた横移動が記憶に残る。 2000年の映画なのに、まだヌーヴェルヴァーグを引きずっていることに驚く。 シモン役も、トリュフォーに愛されたヌーヴェルヴァーグの申し子、ジャン=ピエール・レオと感じがそっくり。 「人が愛するのは、いまだ完全に所有するに至らないものだけだ」という プルーストの言葉が身に沁みる。 ずっと満席続きだったようだ。またどこかで再上映してもらうことを望む。 残りの作品を見るためにきっと駆けつけるだろう。 評価は4.5★。

  • tat********

    4.0

    ネタバレ囚われていたのは。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中