ここから本文です

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (2009)

監督
佐藤祐市
  • みたいムービー 417
  • みたログ 1,650

3.43 / 評価:715件

こんな会社全然ブラックじゃねぇぇぇぇぞぃ

  • Programer's-hi さん
  • 2009年11月23日 18時14分
  • 閲覧数 2127
  • 役立ち度 137
    • 総合評価
    • ★★★★★

マ男くん、最初からC++を全開で使っているし、一体だれが書いたのか、マトモなテスト仕様書でテストしているし、(デフォルメされすぎ!)リーダーのいい加減さに反してちゃんとした仕様書が渡されているし、藤田先輩という仕事が出来てやさしい人が存在するし・・・こんな会社の何処がブラックなのよぉぉぉぉぉ!!!

そう、私はこの業界で25年以上も生活しているSEなんよ。

現実はもっと酷いぞ・・・一番酷いのはね、仕事が無いことさ!!!はぁぁぁ(T_T) イマノオレ、エイガバカリミテンジャナイヨ!!

仕様書なんてねぇ・・・普通は無いのよ!!又はいい加減!!特にメンテナンスの仕事なんてね。つうか、下請けの下請けで新規のプロジェクトが発生するなんて奇跡よ!奇跡!!!!!

ドキュメントはソースコードしか存在しない、全く動かないシステムのメンテナンスを1週間でパフォーマンスを100倍にしなきゃなんないとか・・・ぅぅぅ、ひどかったな。

ブラックな派遣先ばかり、片道の通勤時間2時間以上の場所ばかり、派遣され続け・・・プロジェクトが終ればまた別の会社・・・ぅぅぅ、ひどかったな。自分の会社で仕事が出来るってシアワセだよ(T_T)

若いリーダーの元で働くのは、えぇ、私は得意よ。井出くんは仕事あまり出来ないようですが、同じようなタイコモチも、はい、やりますよ。もう、毎日ニコニコ笑顔ですもん。そうしなければこの年では、派遣先から、直ぐ要らないって言われちゃうもんね!!!!

はぁぁぁぁぁ・・・って愚痴を言っても始まらないね。

でも、私はプログラムを作るのが天職って言われるくらい好きなんです。この映画のような小規模なプロジェクトで、全員のチームワークで納期に間に合って、バグも少なくて客先から感謝された日には・・・だから、この映画でも最後は目頭が熱くなっちゃったよ。

いろいろ文句を付けましたがね、私の星5個の基準は、直ぐもう一度同じ映画を見たいかってこと。

マイコさん、いい味出してますね。こんな方が居たら、ご尊顔を拝するだけで毎日頑張れそうだ。

小池徹平くん、自分を変えたくて頑張る姿、嵌ってますよ!!

品川祐、ウルサイ!!

思いっきり笑えて、仕事、もう一度頑張ってみるか、と思わせるハートフル・コメディーの秀作でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ