ここから本文です

私は猫ストーカー (2009)

監督
鈴木卓爾
  • みたいムービー 77
  • みたログ 168

2.93 / 評価:61件

アメリカン・ニューシネマ的で好き!

  • koh***** さん
  • 2018年8月3日 8時34分
  • 閲覧数 212
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公の売れないイラストレーターと元彼の話、古本屋のアルバイトの女性の男問題、古本屋夫婦(徳井優と坂井真紀の演技が良い)の無機質な会話などストーリーも無く、出演者の聞き取れないセリフ、ハンディカメラの振れ具合、粗い画質が1070年代のアメリカン・ニューシネマ的で映画好きには嬉しい作品です。

古本屋の夫婦の会話を聞いた飼い猫のチビトムが家出して、首輪が外れるラストシーが印象的です。

谷中・根津・千駄木に住む20匹以上の猫を手持ちカメラで猫目線で追う姿が猫好きにはたまりません。その分、後の編集作業の苦労が判ります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ