2009年9月4日公開

サブウェイ123 激突

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

1052009年9月4日公開
サブウェイ123 激突
3.1

/ 1,285

7%
26%
44%
17%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

午後2時、ニューヨーク地下鉄運行指令室で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(544件)

パニック20.0%勇敢18.1%かっこいい12.5%知的10.2%恐怖8.7%

  • shi********

    3.0

    もう少し緻密な計算が必要かと…。

    デンゼル・ワシントンは交渉人シリーズみたいな作品が多いけど…、これは盛り上がりも緊迫感も欠けてる気がする。 主人公にはもう少し守るべき何かが必要なのと、ジョン・トラボルタ扮するライダーが優秀なトレーダーとしての犯人像なら、もっと緻密な作戦、戦略が話の上で必要だったと思う。 優秀なトレーダーの割には実行犯として雑な計画と粗悪な犯行に至っている筋書きは納得いかない。 頭が良い奴はこんな粗暴な犯罪をしない。 だから現実感も緊迫感もない。 2大スターが勿体ない…。

  • leo********

    3.0

    オリジナルが最高!

    ウォルターマッソーの冴えない刑事が冴えなく犯人を追い詰めていくオリジナルは最高でした。 アクションものにしてしまうと今一つですね。 つまんなかった、という人はオリジナル「サブウェイ・パニック」を見てください。

  • tak********

    3.0

    B級扱いだけれど、結構面白い

    深夜の時間帯の映画やネット配信で評判ではないとB級映画扱いされる 傾向にありますが、デンゼルワシントンが出てくると何やら妙に映画が 面白くなるのはなぜなんでしょうか。 スーパーマンやスターウォーズのように奇想天外でもなく、すごいアクションも 有りませんが、なぜか最後まで見てしまう。

  • hir********

    3.0

    ネタバレこれは期待したけど今ひとつ?と思ったけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kbd********

    3.0

    ミルクあったね

    交渉人も上司もあまりにもアホだし、市長も軽いし、犯人の考えもよくわからない。 ビデオチャットがバレて殺されるかと思ったらあっさり済んだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
サブウェイ123 激突

原題
THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル