ここから本文です

サブウェイ123 激突 (2009)

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

監督
トニー・スコット
  • みたいムービー 251
  • みたログ 3,207

3.12 / 評価:1190件

実は警察や市長を批判してる映画?

  • sue***** さん
  • 2020年10月12日 0時31分
  • 閲覧数 68
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

地下鉄で、ハイジャックが起きる。
犯人と地下鉄職員との駆け引き...
→この設定だけで面白そう。

地下鉄の職員を演じる名優「デンゼル・ワシントン」
そして、ハイジャック犯役の「ジョン・トラボルタ」
せっかくの名優2人出演してるのに、あんまり盛り上がらなかった。

話の途中、犯人の要求する身代金がなかなか届かない(笑)
事件とは無関係なトラックが身代金を輸送中のパトカーに突っ込んだり、そのパトカーを先導する白バイが車に激突したり...ホントに、アナタたちホントに警官ですか?って感じ。そりゃ犯人もなかなか金が届かなくイライラしますわ。
この部分は、ちと勿体ない。作品がダラケてしまった。

また、身代金を払う・払わないの決定権を持つ市長が映画の中でフューチャーされます。事件の当日は、何故か車でなく地下鉄で移動してたり、捜査本部に移動して犯人と直接話をしたりする場面があり、現実にはありえんやろ?と思ってしまった。

なんか視聴者置いてけぼりの作品のようであまり楽しめなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ