ここから本文です

サブウェイ123 激突 (2009)

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

監督
トニー・スコット
  • みたいムービー 251
  • みたログ 3,207

3.12 / 評価:1190件

解説

1974年の『サブウェイ・パニック』を『デジャヴ』などのイギリスの名匠、トニー・スコット監督がリメイクしたサスペンス。突如何者かにハイジャックされたニューヨークの地下鉄を舞台に、犯人グループとの身代金交渉を臨場感たっぷりと見せる。頭の切れる武装グループのリーダーを演じるジョン・トラヴォルタと、彼との交渉役を務める地下鉄職員役のデンゼル・ワシントンの頭脳戦も必見! 逃げ場のない地下鉄内での先の読めない展開に目が離せない。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

午後2時、ニューヨーク地下鉄運行指令室で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

「サブウェイ123/激突」スピーディな演出が冴える骨太でスタイリッシュなスリラー

 「突破口」「笑う警官/マシンガン・パニック」と並んで大好きなウォルター・マッソー主演作「サブウェイ・パニック」(74)のリメイク版。監督トニー・スコット、脚本家ヘルゲランドという“当たりハズレの大きい”ご両人が、とぼけた味がするあのユーモラスなスリラーをどう料理するのか期待して見たが、出来は水準以上。骨太でスタイリッシュなスリラーに仕上がっていた。特に、スコット監督の真骨頂でもあるスピーディな地下鉄でのアクション描写は前作を上回る。

 最大のスリルは、ニューヨークの地下鉄の(600ボルトの電流が流れる)“第3のレール”から火花が散るように、無線で会話を交わす運行指令室の主人公ワシントンとハイジャック犯のリーダーのトラボルタによる丁々発止の応酬だ。トラボルタは「生き方がうまくてもヘタでも行き先は墓場さ」などと名ゼリフを吐き、カラフルな悪役を愉しんでいる。一方のワシントンは必死かつ真剣な表情をして、コントラストを形づくっている。

 物語的に一対一の対決にフォーカスするあまり、“第3の男”が魅力的に映らないことが残念だ。前作では色の名前で呼び合ったりして魅力的だった犯人グループも、今回は顔も名前も記憶できないほど存在感がないのだ。

 前作の名を一躍高めた胸のすくエンディング(マッソーの表情が忘れられない)や、デビッド・シャイアのジャズィな主題曲がそぎ落とされているのが何とも惜しいと思う。(サトウムツオ)

映画.com(外部リンク)

2009年9月3日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ