2009年6月5日公開

HOME 空から見た地球

HOME

- 2009年6月5日公開
HOME 空から見た地球
3.6

/ 17

29%
24%
35%
0%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

世界一透明な湖の氷の上で漁をするロシア・バイカル湖の人たちから、バクテリアによって緑、黄、赤の幻想的な色合いを見せるアメリカ・イエローストーン国立公園のグランド・プリズマティック・スプリングまで。空から見た様々な地球の姿を、写真家でもあるヤン・アルテュス=ベルトランが、ある思いを胸に映し出していく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(10件)

スペクタクル25.0%知的25.0%悲しい15.0%不気味5.0%泣ける5.0%

  • kaw********

    1.0

    確かに地球は美しいが・・

    「不都合な真実」なんかとは切り口が少し違いますね。 映像美を楽しむ環境映画なのかなと。。。よく眠れます。 しかしこういう映画を観ると例の“不勉強な反原発運動屋” みたいなのがやれ再生可能エネルギーに投資しろだの 言い出すのには辟易してしまうわ。筋違いもいいとこだろに 無知とはまことに恐ろしいものですなぁ。

  • いやよセブン

    3.0

    地球は美しい!

    先ず、映像の美しさに圧倒される。 地球が生まれ、人類が生まれる歴史を現在までたどり、これからの地球をシミュレートして、悲観的な結論にたどり着く。 しかし、このままでは終末論になるので、いろんな取り組みを紹介し、希望はあると締めくくる。 地球温暖化、人口爆発、格差、軍事力などヒューマニズムに訴えかけているが、オバマ大統領の核廃絶演説のすぐ後に、核実験を行った国があり、国連が機能不全気味なことから、道は険しい。

  • ets********

    5.0

    地球の今

    地球温暖化が叫ばれているが、実際「今の地球」がどうなのか。それをまざまざと見せつけられる。 何故、地球がこのような状態になったのか。 今、世界はどのような影響を受けているのか。 そして未来。 「悲観している暇はありません」というナレーションが突き刺さる。 「大切なのは何を失ったかではなく、何が残っているか」 全世界の人が見るべき番組だと思う。

  • yam********

    5.0

    地球の健康診断!!

    本作で見る地球の大自然はすごく美しいです!! 自然に出来た。または自然が作った風景ですが、 それらは決して人間の力や才能では表現しようの ない本物の芸術なのではないかなっとそう私は思 いました!! 自然を超越する芸術など他にないと知るだろう作品である!! その自然の大芸術作品を脅かすのは私たち人なのである。 正直エコポイントで家電を売っている場合ではない・・・ 浅はかなり人よ!! 今だかつて見たことない映像美の景色とても神秘的で 感動すらする圧倒的な美くしさである!! ブルーレイで見たい作品です!!(ブルーレイ欲しい なぁ・・・買っちゃおうかなぁ・・・脱線です、すいま せん) 何度も言いますが映像がむちゃくちゃ綺麗です!!地球 の自然が綺麗ということです!! 人として、イヤ!!地球上に生きる生き物として、考え させられる作品である!! 私たちは生きている!! 地球もまた生きているのです!! 私は出来るだけ多くの人に見てもらいたい作品だと思いました!!

  • ken********

    4.0

    HOME評

    空からの素晴らしい映像。本当に地球は奇麗だ。 ただしそこで語られる内容は、地球から搾取し生態系の環を奪う人類のこと。 環境問題のことは色々なところで語られもう分かっていることなのだが、圧倒的な映像を前に考えさせられる内容です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
HOME 空から見た地球

原題
HOME

上映時間
-

製作国
フランス

製作年度

公開日