スターゲイト 真実のアーク

STARGATE: THE ARK OF TRUTH

106
スターゲイト 真実のアーク
3.6

/ 11

27%
27%
36%
0%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

勇敢27.3%かっこいい18.2%スペクタクル18.2%かわいい9.1%笑える9.1%

  • 母里友信

    3.0

    TVドラマの延長線上。

    ドラマ内で決着が着かなかったオーライ(アドリア)との最終決戦。10シーズン続いたドラマの最終回と言った感じ。ドラマ観て無いと判らん内容。

  • kak********

    5.0

    シリーズ完結編は”オーライ”との最終決戦

    2007年にシーズン10まで続いた人気TVシリーズ『スターゲイトSG-1』が 終了した。当初シーズン11も検討されていた最長TVシリーズだけに、 語りつくせない部分が残り、「スターゲイト コンティニュアム ザ・ムービー 」と本作品が製作された。 物語は、強敵”オーライ”の脅威に対し決着をつけるべく、最終決戦に 臨む、お馴染み"SG-1 " チーム(SG-1はスターゲイト・チーム第一班の 略称)の活躍が描かれる。 もともと、シーズン11への導入部分に前編・後編として予定されていた エピソードで、完結編にふさわしく、コンパクトにまとまっている。 監督兼脚本担当は、長らくTVシリーズ『スターゲイト SG-1』の脚本 を手掛けてきたロバート・C・クーパーだけに、見せ場を心得た演出が 光る。 最後のSG-1メンバーとなったのは、 ベン・ブロウダー(キャメロン) アマンダ・タッピング(サマンサ) クリストファー・ジャッジ(ティルク) マイケル・シャンクス(ダニエル) クローディア・ブラック(ヴァーラ) の5人。 サービス精神に溢れた内容で、意外な敵が登場したりして、最後の危機 が訪れる。 SG-1以外の出演者では、アドレア役のモリーナ・バッカリンの存在感が 他を圧倒している。ブラジル出身のエキゾチックな容貌と不敵な笑みの 融合は、またしても愛すべき”敵キャラ”になっていて、魅力ある敵の 出現がファンの心を離さなかったシリーズの特徴を表している。 完結編だけに、DVDに収録特典では、”「スターゲイト SG-1」の奇跡” や”スターゲイト ファン交流会”などが収録されているほか、ファンには 嬉しい『スターゲイト オフィシャルファン 認定書』が封入されている。 思えば、”スターゲイト”がエジプトで発見されたシーズン1から10年 あまりの年月にわたり壮大な宇宙のドラマを楽しませてくれた事になる。 その間、『ゴアウルド』、『レプリケイター』、『アヌビス』そして 『オーライ』といった強敵と戦うのだが、『アスガード』など高度な 技術力をもった異星人の協力もあり、宇宙での冒険話は尽きない。 本作品に限って言えば、TVシリーズを見ていない人には登場人物の 背景がつかめず、感情移入は難しいが、10年も続いた膨大な冒険劇 の集大成なのだから102分にまとめられただけでも至難の技に違いない。 熱烈なスターゲイトファンの一人として、感謝の気持ちを込め☆5つとした。 特に、知的な女性役なのに優しさと明るさを振りまいてシリーズを 支えてきたアマンダ・タッピングは忘れられない。現在、TVシリーズ ”サンクチュアリ”に出演しているが、魅力が半減してしまったのは ”スターゲイト SG-1”で燃え尽きてしまったからかもしれない。

  • ywm********

    3.0

    めちゃくちゃ分かりにくい

    小生はテレビシリーズを見てない。 しかし以下の2本の映画は見た。 ↓↓↓↓↓ スターゲイト(1994) スターゲイト コンティニュアム ザ・ムービー(2008) テレビシリーズを知らない小生にとって、この「真実のアーク」は非常に分かりにくく、理解するのが難儀だった。というよりも前半30~40分は何が何だかわからず、見るのやめようかなとまで思った。 見終わった後の感想だが、おそらくストーリーの6~7割程度しか理解してないと思う。テレビシリーズを見てないと話についていけない。 スターゲイト(1994)や、コンティニュアム ザ・ムービー(2008)の方が断然話が分かりやすく、映画の世界にのめりこめた。 残念。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
スターゲイト 真実のアーク

原題
STARGATE: THE ARK OF TRUTH

上映時間

製作国
アメリカ/カナダ

製作年度

公開日
-

ジャンル