ここから本文です

シャネル&ストラヴィンスキー (2009)

COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY

監督
ヤン・クーネン
  • みたいムービー 168
  • みたログ 383

3.93 / 評価:206件

フランス文化の森の中へ

  • kapiballa9 さん
  • 2013年2月11日 0時44分
  • 閲覧数 1709
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

とってもフランス的なフランス映画。説明も無駄なセリフもなく話が進みます。直前に「ココ・アヴァン・シャネル」見ていて良かったです。
但し、説明なしに様々な情報が盛り込まれているので、知っていればいるほど様々な事柄とのつながりが分かる、フランスな映画です。
例えば、第一次世界大戦の時間経過は数枚の画面であっという間に表されます。
春祭初演の指揮者名もエンドロールには出ていた。もじゃもじゃ頭だったのか・・・

フランスでは細かいお金をきちんとすることは立派とみられるらしいので、従業員の給料の話が入るのは、フランス的には美点として描かれていると思う。江戸っ子には信じ難い感覚ですけどね。

ストラヴィンスキー周辺とその時代に興味ある人なら、面白い=interestingな映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ