レビュー一覧に戻る
皇帝の鶯

皇帝の鶯

CISARUV SLAVIK

73

d_h********

5.0

ネタバレ人形に吹き込まれる魂

イジー・トルンカによる人形劇はその美しい世界観で見る者を圧倒するが、そんな彼の最高傑作の1つがこの「皇帝の鶯」だ。 ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「ナイチンゲール」を題材にしたこの作品は、内に篭り欲しいものは総て手が届く場所にある、でも“本当に大切なもの”が解らない・・・そんな子供の話だ。 生活習慣は機会の様に決められており、人形の質感と相まって、文字通り「人工的な」ものを感じる。 そんな彼にいつもの“プレゼント”選びの日がくる。彼の目を通すページは既に“持っている”ものばかり。そんな中、彼が見た事も聞いた事もない美しい鳥「ナイチンゲール」を目にする。 彼はナイチンゲールに“一目惚れ”してしまったのだろう。 しばらくはその歌声に魂を虜にされるが、新たに彼の元に現れる“浮気相手”がナイチンゲールと彼の関係に一時溝を作る。 だが、どんなに精巧な“浮気相手”でも本物の“魂”には敵わない。 彼とナイチンゲールが再会する時のあの美しい表情!劇中には音も、まして彼らの表情を変えるパーツも無い。 それなのに光の変化といった演出で表情の変化を感じられる・・・これが映像だけで人の心を動かすという事か。 それはトルンカが人形そのものに魂を、命を吹き込んでいるからなのだろう。 東洋の神秘的な世界観と相まって、至福の一時を味わえる作品です。

閲覧数352