レビュー一覧に戻る
白夜
2009年9月19日公開

白夜

842009年9月19日公開

shi********

1.0

悪意さえ感じる世紀の愚作

映画を観ていてこれほど不快になったことはない。50本に1本「大傑作!!」と思える作品に出会えればいいと思い、期待してなくても意外な掘り出し物に当たったりで、せっせと映画館に足を運び、つまらない映画も多々多々観てきたがこれほどひどいものはない。こんなものに50本に1本の割でも当たっていたら、映画を観るのをやめるだろう。 まず登場人物の2人が超がつく大バカ。特に出会いのシーンの男のセリフに開始早々不快感の極致。こんな奴はここで橋から突き落としてエンドクレジット・・・の方がどんなによかったか。 こんなバカ男と恋に落ちるなんてどんな展開だ?ちょっとはいいとこはあるのか?と思いつつ、退席したい衝動を抑えて最後まで観てしまった自分の愚かさを呪いたくなる。 極致かと思った不快感は最後まで持続する。あのブレブレなカメラワークは何なんだろうか?製作者は鑑賞者に何か恨みでもあるんだろうか?ただ下手クソなだけでなく、何か悪意を感じてしまう。 無料鑑賞だったが、時間を無駄にしてしっまたという空虚感を通り越して憤怒感があふれてくる。 寝てればよかった。 初めて投稿するけど、こんなもんにも★を1個つけなきゃならないの?満点が★100個なら、つけてやってもいいけど。偏差値つけるなら「1」。存在の耐えられないひどさ。

閲覧数470