ここから本文です

イングロリアス・バスターズ (2009)

INGLOURIOUS BASTERDS

監督
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 938
  • みたログ 5,272

3.66 / 評価:2416件

ああ、タランティーノ監督か!!!

  • tokyo_sy*** さん
  • 2018年3月13日 23時41分
  • 閲覧数 2186
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

WOWOWプライムにて吹替え版を視聴後、レビューを書こうとして初めて「タランティーノ監督」の作品と知りました。

監督作品を最近見たのは・・ヘイトフルエイトと、後は太腿から下が機関銃になった美女のとんでも映画と、あと二作品程。

本当に想定外の展開をしてくれる監督サン。事前に解っていれば、もっと用心して映画を見れたのに(笑)

王道の流れならば、ここでヒロイン(と思っていた女性)は助かる、ここで敵は逃亡しレベルUPして戻って来る・・な想定は全く当てはまらない展開。

まあホイホイ人は死ぬし、拷問も撲殺もあるし、残酷映画なのだけれども基本的にはコメデイ臭が漂い、悲壮感は殆ど無し。

まず冒頭でナチの将校が「罪の無いユダヤ一家」を惨殺し、「ナチは悪、ユダヤは被害者」を前面に確定させてのスタート。
なので、後からどんなに「ナチの将校でも、良い人そうなキャラ」が出て来ても、全く信用出来ない(笑)

しかしナチも酷いが、主人公チームのナチ殺しも更に酷い(笑)

でもまあ、こうして後世で「拷問・殺人等滅茶苦茶されても当然な人々」扱いされるのも当然の様な行いをして来たツケなのだから、甘んじて受けましょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ