ここから本文です

イングロリアス・バスターズ (2009)

INGLOURIOUS BASTERDS

監督
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 938
  • みたログ 5,272

3.66 / 評価:2416件

魅力的なキャスト/痛快な物語

  • mottainainer さん
  • 2018年10月8日 21時28分
  • 閲覧数 1432
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

キャストは個性的で、有名人もたくさんいて、ナチスにあまり詳しくない人でも、引きつけられる演技をしています。

冒頭にユダヤ人一家の捜索のシーンは残忍な銃撃があり、途中にもドイツ兵を残虐に始末する目を覆いたくなるようなシーンがありますが、それを我慢すれば楽しめました。

ヒトラーは焦りを隠せないコミカルな感じに描かれていましたが、外国人やスパイを見破る親衛隊大佐が絡むやりとりは緊張感のある台本でした。

他の方のレビューにもありましたが、映画を利用して権力を得たヒトラーが映画人によって復讐される痛快な作品です。本当の話だったら被害を食い止められてよかったのに。

長編なのに一瞬も退屈を感じる無駄な尺が無い、良くできた作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ