ここから本文です

イングロリアス・バスターズ (2009)

INGLOURIOUS BASTERDS

監督
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 922
  • みたログ 5,058

3.66 / 評価:2,232件

難しいテーマをタランティーノ色に

  • krm***** さん
  • 2019年3月20日 22時16分
  • 閲覧数 1475
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ナチスはユダヤ人を絶滅させるという政策の為に実際600万人を虐殺しています。

第二次世界大戦をざっくりとでも知っていた方がわかるけれど、ドイツとフランスは敵国で、ユダヤ人(国籍ではなくユダヤ教の人)はナチス・ドイツによる虐殺を受けています。←ちなみに日本はドイツ側というのが事実です。

監督自身が恨みがあって作った映画、という感じではなく題材にしているだけなのだろうけど、表現が上手い。

また、歴史上では実際ヒトラーは自殺をしている為結末すらも、タランティーノが描く第二次世界大戦というところ。

ただ、実際にナチスに深い恨みがある人達にとってはこの映画の中の上映シーンの如く賞賛するでしょう。

タランティーノ監督のセンスは割と好きです。画角?色合いとかがやはり上手い。ただ中身に関しては独特だから好き嫌いは分かれますよね〜

悪魔で映画だけど、フィクションだけではない恐ろしさ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ