2009年9月19日公開

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

CROSSING OVER

PG121132009年9月19日公開
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
3.7

/ 378

17%
42%
34%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(132件)


  • みなもとの清盛

    3.0

    ネタバレ天使と悪魔が住む国アメリカ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    4.0

    ネタバレ米国永住権獲得を巡る不法滞在者達の物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kri********

    4.0

    現実はそれほど深刻ではない可能性もある

    ハリソンフォード主演なので、外れないだろうと期待したが、途中、予想外の展開もあり、作品として面白かった。 ただ、現実は、これほど深刻でない可能性もある。元同僚で観光でアメリカに入国し、その後、五年住み着いた人がいた。どうやってビザを取ったのかと聞いてもお茶を濁して教えてくれなかったが、数年日本で働いたのち、またアメリカで暮らします、と言って渡米した。芸術系の方だったが、特殊な技能を持っている訳でもなかったので、特別なルートを知っているのだろう。 また、10年ほど前のビジネスウィーク誌の記事で、アイヴィーリーグに通う外国人の中に結構な数の不法滞在者が居ると言うレポートがあった。記事によれば、私立の大学では、高い授業料を払ってさえいれば、それが収益源でもあるのであまり深く追求しないらしい。しかし、そうした生徒は長距離の移動をあまりしないように気をつけてはいる。そうしている間に、アメリカ人と結婚して正式な市民権を得る人も多く、企業が正式にビザをバックアップしてくれる場合も多いらしい。 当作品は深刻に描いているが、『グリーンカード』や『バードケージ』という作品ではコミカルに表現していたので、飽くまで、一つの作品として鑑賞するもので、現実は必ずしも同様ではないことを知っておいてもいいかもしれない。 ところで、Wikiで関係スタッフを見たら、セクハラで糾弾されたハリウッドの重鎮ハーヴェイ•ワインスタインが製作総指揮、訴えたアシュレイ•ジャドが準主演の一人に名を連ねていたのも興味深い。

  • Mr.Dofuss

    3.0

    でたらめな邦題の付け方

    「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」。犯罪捜査ものと思って最後まで鑑賞したが、さらさらそういう内容ではなかった。別に犯罪捜査ものばかり見たいのではないのだが....最初からこういう社会派ものと分かっていればもっと抵抗なく見れたはず。 ヒドイ邦題の付け方は非難に値する!! 原題は ”Crossing Over”。私が邦題を付けるのなら「国境を越えても」となる。全般に言いたいのは、もっと原題を大事にしてもらいたいということ。

  • スーザン

    3.0

    テーマ性はあるものの、ヘタな群像劇。

    アメリカの移民問題を取り上げた社会派群像劇。 それぞれの事情が描かれるが、映画的エンタテイメント的には失敗。 同情したり感情移入できるケースが少なく、冷めた目で観てしまう。 演出も粗っぽい。

  • dkf********

    4.0

    社会派だが敷居は高くない隠れた良作

    米国の移民問題を真正面から描いた社会派作品だが、敷居は高くない。 シリアスな問題提起をするには掘り下げが浅い感はあるものの、そのぶん娯楽味が効いていて全体的にはバランス良く仕上がっており、エンタメ映画として十分楽しめた。 正義と誠実の象徴のようなハリソン・フォードだからこそあの役が適任とは言えるが、あまりにステレオタイプ通りのイメージだけに面白みは今ひとつ。いっそこれまたイメージ通りな役のレイ・リオッタとそっくり役を入れ替わったら凄い意外なキャスティングとなると思うが、そんなオファー、ハリソンは絶対受けないよなあ。 群像劇なので登場人物は多いが、特にクリス・カーティス、アリス・イヴのハリソンを喰うほどの熱演が印象的。またブレイク前のマハーシャラ・アリが小さな役で出演している。 あまり知られていないが、十分隠れた良作と言えるレベルにある。興味を持ったなら是非。

  • kaz********

    4.0

    ネタバレ重苦しいが内容がある作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ハッピー太郎

    5.0

    ネタバレ違法移民に同情の余地なし。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 1048

    3.0

    面白い

    小難しいかなと思ったが、 非常に解りやすくて見やすかった。 様々なドラマが同時進行するが それを含めても解りやすく 仕上がっているので見ていて 混乱もしない。 非常に良くできた作品。

  • yok********

    4.0

    他民族国家のアメリカ。

    漠然と移民問題がある事は知ってはいましたが、ここまで詳しく教えてくれる映画は初めてでした。多民族国家で出れにでも自由を与えてくれるイメージのアメリカではなく、そこに住み続けるには様々な条件があると言う事を知る事ができました。色々な人種の永住権への努力と苦労が描かれていましたが、鑑賞後、アメリカを批判する気にはならなかった。これが現実だし、当然だと、納得したのは私の日本人気質なのかもしれません。

  • 大森 清明

    3.0

    自由の国アメリカ?

    政治的、金の為、仕事を求めてなど多くの理由でアメリカでの不法職労を描いた社会派映画です。 学歴、職歴、金があれば直ぐに移民や職労許可が得られるが、多くの低所得者層は移民の夢が破れて強制送還される。 I.C.E.特別捜査官役のハリソン・フォードの押さえた演技が良いです。 今や、アメリカ以外のEUにも移民問題が深刻し、社会治安が不安定になっている。 将来、日本でも起こり得る問題である気がする。

  • raz********

    3.0

    理想の国

    斜に構えて感想を述べますが、この映画から伝わってくるのは  「あぁ・・・、もしこの人たち(不法移民)が、   アメリカ人として生まれてさえいれば、   犯罪なんて犯さなかったのに・・・」 なんてことをアメリカ人は考えているんじゃないのかなってこと。 グリーンカードを取れたら真人間になれるという結末は、そういう ある種、傲慢ともいえる思想が垣間見えます。(僕だけかもですが) でも、現実としてアメリカは世界No1の国であることは間違いないです。 だから、ハリソン・フォードが演じたICE職員がなぜ、不法移民に 同情的だったのかという理由もその辺にあったんじゃないでしょうか。 アメリカ人は自国をNo1の国だと自負していて、だからグリーンカードを 求める人たちがいて、そしてそういう人たちから見てもNo1であり続ける ために行動を起こす責務を帯びているっていう考え方です。 自分たち一人ひとりが国を作っているんだという価値観をアメリカ人は持っているんだなって感じました。建国の歴史が比較的浅くまだこの国は未完成であるのだから、もっとより良い国に変えていくことができるし、変えていかなければいけないという使命感です。 建国の理念に立ち返った時に、”理想”をそこに描き出せる国は強いと思いました。ただ、映画としては普通でした。

  • aja********

    4.0

    一度は見ておくべき映画

    娯楽作品ではないので、楽しくはない。 けれども、移民問題に疎い日本人だからこそ一度は見ておきたい映画です。 最近の映画は、観客が望むハッピーエンドにするのが主流ですが、この映画は、頑張っても報われない、運がいいだけ、釈然としない、そんな感情になるのではないでしょうか。 でも人生の大半はそんなもの。皆平等ではない。でも、生きてくしかないのかも知れない。 日本で産まれ、当たり前のように様々な権利が与えられている事を、幸運だと認識出来る映画だと思います。

  • kyo********

    4.0

    見て良かった。

    この映画が公開されたのが、2010年くらい。 今ヨーロッパに流れるシリア難民などで難民問題をニュースで目にすることが多くなっていたのもあり、とても考えさられました。 と同時に当たり前に日本の市民権があり、住民票があり、家族が強制的に離ればなれになることなく暮らせている事が当たり前のことではない事を知りました。 移民問題は日本ではまだ海の向こうのニュースという感覚がどうしても強いし、色んな社会問題があるから何とも言えないけど、世界は広くて同じ線上に多くの国、民族、人間が暮らしているんだなと改めて実感しました。 私があのオーストラリア人の女性だったら、追い詰められていてそこにそういう選択があったら、それを選ばないと自信を持って言えないなとも思いました。 移民問題に対してあまり現実味がない日本人だからこそ見て欲しい作品だと思いました。

  • hea********

    4.0

    アメリカの影

    基本的に大作しか出ないハリソン・フォードが珍しく低予算映画にってのがこの映画の売りかな。 多分、ハリソン・フォードが出てなかったら観客は1/10以下になっただろう。 かなりよく出来たストーリーだと思います。 それにしてもやはりアメリカは白人の国ってのが良く分かる。 キリスト教が正しくてイスラム教が悪というのも酷い。 アジア系で出てくるのが韓国人なんだが、正直かなり不細工で背も低い。 この手の作品に出てくるアジア系はわざと不細工なのを選んでるんじゃないかと毎回思わされます。 逆に白人はスターを目指してくるオーストラリア人で細身で美人。 実際のアメリカの白人を見るとデブばっかりで映画に出てくるような美人はほんの極一部のはずなのにね。 唯一納得がいかなかったのはコンビニ強盗した韓国人が何の罪にも問われていないところかな。

  • bla********

    4.0

    アメリカの現状をリアリティに描いた映画

    アメリカの移民局につとめる主人公とその関係者を通して、グリーンカード(市民権)を得る為または得ることができた人たちを描いた作品です。 元々グリーンカードについては予備知識があったので、話の筋については(映画内では詳しく述べられませんが)ついていけました。全体的にリアルな物語になっているので人によっては後味が悪いと感じるかもしれません。 ただ、現実はこれよりもっと悲惨ですし悪化しているという声もあります。日本も政府が意味不明な大義名分を掲げて移民政策を緩和しようとしていますが、こういった現実があるということを知るにはいい映画ではないでしょうか。

  • ソロビッチ

    4.0

    ネタバレ日本の移民政策には反対

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yah********

    3.0

    邦題が意味不明

    何でこんな邦題になった?正義とかの話じゃないのに。 メキシコから密入国して出稼ぎにきてる人とかいるんだなってのがわかってシリアスな人間ドラマでまあ良かったけど、「正義のゆくえ」というタイトルだからヒーロー物かと思って間違えた。ハリソンフォードは渋くて良かった。

  • www********

    5.0

    自由にも限界が?

    正直なところ日本人の私にははあまり関係の問題なのですが、国際社会を知る上で大変勉強になった映画でした。短編での人間模様が多く演出されているので、必然的に各人種、宗派の出演者が多くなっているのですが、それぞれの事情を熱演されており、変にハリソンフォードだけが目立ってしまわない演出には好感がもてました。 グリーンカードめぐってあらゆる人達の欲望がうごめくさまが印象的でした。しかし、自由の国アメリカとはいいますが、率直な印象として、自由にも限界があるんじゃねぇ~のって思ってしまいました。

  • yos********

    4.0

    奥が深く、非常に見応えのある佳作

    米国の人種問題を扱った社会派群像劇。 ハリソン・フォード演じるお人好しな主人公がいることはいるが、様々なバックボーンを持って米国に暮らす人びとが“開かれているようで閉ざされた”米国での生活のためにもがき苦しむ様や、彼らに起きる悲劇と再出発を描く。 メキシコ人、バングラデシュ人、韓国人、豪州人、さらには英国人らが米国での成功や安定を夢見て、なりふり構わずグリーンカードを手に入れようとする。 それに成功する者、命を落とす者、国外退去になる者など、その結末は正に十人十色だ。 だが、ここまでハッキリと明暗が分かれるのは、彼らの能力や財力のせいではなく、人との巡り会わせを含めた“運”によってなのだ。 グリーンカードを得て米国で暮らしていくということが、この段階での彼らの成功を判断するものだとしたら、人生というのは公平な様でもあり、ひどく不公平にも見える。 富める者がその“成功”を手にするとは限らぬし、貧しき者が国外退去の憂き目に遭うと決まっているワケでもない。 なぜならその裏には体制側の意図が介在しているし(善し悪し抜きに、ハリソン・フォードも“意図”の一部だ)、その意図にしたって、結局は人との出会いによって齎されていることを思えば、彼ら異邦人が“運”と呼ぶべきものの影響下いて、それに翻弄されていることがわかるからだ。 では、なぜ彼らは“米国で暮らす”という一種のギャンブルに、命を賭してまで手を出すのか。 それは米国という土地に魅力を感じているからであり、成功の足がかりがあると信じているからであり、ここでしか成しえないことがあると考えているからであり、母国の情勢不安があるからであり、他者の意思により身を置いているからでもあって、多種多様なのだ。 奥が深く、非常に見応えのある佳作だ。

1 ページ/7 ページ中