ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (2009)

CROSSING OVER

監督
ウェイン・クラマー
  • みたいムービー 453
  • みたログ 996

3.68 / 評価:317件

重苦しいが内容がある作品

  • kaz***** さん
  • 2019年9月14日 13時19分
  • 閲覧数 284
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

米国の移民問題に焦点を当てた作品。
この映画では、いろんな国の人間が登場する。

特に印象に残ったのは、イラン人富豪の娘が職場先の店長と不倫をしているところをその兄弟に発見され、娘・店長とも撃ち殺されるシーン。イスラムでは不倫は厳禁という、イスラムの国の掟が一番となっていた。殺人よりも不倫の方が罪が大きいということなのだ。

ハリソンフォード扮するマックスは、メキシコ人の子供を国境を越えて祖父母の元に送り届けるが、入れ違いになった母親イリヤは国境付近で死んでしまっていた。マックスの何とも言えぬ無念さが心に突き刺さった。

今から18年前の9・11でビルに突撃したテロを起こした人物の思いを主張したバングラデシュ15歳少女。その子が危険人物かどうかを、アメリカ政府機関が判定するが、これも難しい問題だ。最後には家族が分かれ分かれになるシーンがあった。観ていて悲しい気持ちになった。

一口に移民といっても具体的にどんな感じなのか、今まではモヤモヤとしていたが、この映画でその移民問題の深刻さが少しは感じ取れたような気がする。
こういう映画に出会えてよかったと思っている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ