2009年11月14日公開

Disney's クリスマス・キャロル

A CHRISTMAS CAROL

972009年11月14日公開
Disney's クリスマス・キャロル
3.4

/ 749

19%
26%
35%
14%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

金がすべてで、家族を持たず、人とのきずなに背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す亡霊にとりつかれると予言する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(383件)

ファンタジー19.5%不気味11.6%不思議10.2%恐怖9.0%楽しい7.3%

  • めぐ

    2.0

    子供と観ましたが…

    怖すぎて途中でやめました ディズニーなので期待しましたが想像とは違い過ぎて残念でした…

  • とし

    3.0

    ゲイリー・オールドマンも三役

    2021年10月24日 映画 #Disney’s #クリスマス・キャロル (2009年)鑑賞 文豪 #チャールズ・ディケンズ の名作をパフォーマンス・キャプチャーと3Dで映画化 #ジム・キャリー が一人七役こなしているそうで、相変わらず芸達者

  • wnx********

    5.0

    さすがディズニー

    お馴染みのクリスマスキャロル。 小説はイギリスのチャールズ・ディケンズによって1843年に書かれた。 ディズニーが製作すると、さすが!まず映像が美しく、動きや表情が細かいところまでよく作り込まれている。 音楽は正統的であり、クリスマス感を高めてくれる。 お金持ちの人々の英語はポッシュであり、貧困層の英語はワーキングクラス訛り。 イギリス19世紀の人々の暮らしが垣間見えるような背景に服装。 そして個人的に二番目の精霊の表情の豊かさが好き。 ストーリーはお馴染みクリスマスキャロルだが、ディズニーのアニメーションになるとこうなる。 私は好き!

  • まぁや

    3.0

    ネタバレ面白さは無いけど一度は見るべき映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pec********

    5.0

    私にとっては素晴らしい映画です

    中学生の時に出会った映画 。 中学生なりに深く考えさせられた もう6年ぐらい前になるし色々な映画を見てるけど、ふと見たくなるのはこの映画ぐらいです 。 純粋な気持ちでたくさんの人に見て貰いたいなって思います !!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
Disney's クリスマス・キャロル

原題
A CHRISTMAS CAROL

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日