レビュー一覧に戻る
アイリスへの手紙

アイリスへの手紙

STANLEY & IRIS

104

一人旅

5.0

M・リットの遺作となった恋愛ドラマ

マーティン・リット監督作。 英国人作家:パット・バーカーによる1982年発表の小説「Union Street」をマーティン・リット監督が舞台をイギリスからアメリカに置き換えて映画化した恋愛ドラマの良作で、本作は『寒い国から帰ったスパイ』(65)や『ノーマ・レイ』(79)を撮ったリット監督の遺作となっています。 洋菓子工場で働きながら二人の子供を育てている未亡人:アイリスと、工場の食堂でコックをしている独身男性:スタンリーの出逢いと恋の行方を描いた“大人の恋愛ストーリー”で、アイリスが読み書きできないスタンリーに頼まれて彼の家庭教師になったことをきっかけに心の距離を接近させてゆく二人のロマンスを詩情豊かに綴っています。 最愛の夫を喪った悲しみから立ち直れていないアイリスと読み書きできないことに強いコンプレックスを抱いているスタンリーの惹かれ合いを自然体の心情描写の中に描いた恋愛ドラマで、努力を怠らなかった者がきちんと報われるアメリカンドリームの精神を作劇に忍ばせています。 主演のジェーン・フォンダ&ロバート・デ・ニーロが魅せる落ち着きのある演技が素晴らしいですし、音楽をジョン・ウィリアムズが手掛けている点にも注目の一作です。

閲覧数327