レビュー一覧に戻る
誘拐ラプソディー
2010年4月3日公開

誘拐ラプソディー

1112010年4月3日公開

soc********

4.0

想定外を逆に活かして

俳優としても脇で多数の映画、ドラマに出演している榊英雄の監督作品。奥様は独特の世界観が印象深かった伝説の歌手、橘いずみだったんですね!知らなかったなぁ。 後から知ったのですがこの作品、押尾学の逮捕で完成が危うかったみたいですが、押尾の役を監督自らが演じ完成させたという・・・押尾がやるより反ってよかったんじゃないかと思いましたよ。監督なりにキャラを作られたのかもしれませんが、あの役を押尾がやったらイメージが違うような気がしたし。 自分がやることでキャラを作り変えたのなら凄いですよね。 伝助役の子が凄く可愛いかったです。高橋克典との相性もぴったり! やくざの組長の伝助の父親が哀川翔で、母親がYOUっていうのもなんか面白い。哀川翔はこういう役は鉄板ですけどね。 船越英一郎とかベンガルとか芸達者な人がたくさん出ていて何気に豪華キャスト。監督の人柄であつまったんでしょうかね。 高橋克典のキャラが、結局根がいい人だから悪い事はできない憎めないキャラで、それが親近感が湧くし伝助のあどけない素直さに触れ本来の自分を取り戻していく成長物語といった感じでほのぼのしました。

閲覧数1,208