ここから本文です

8月のシンフォニー -渋谷2002~2003 (2009)

監督
西澤昭男
  • みたいムービー 29
  • みたログ 75

4.36 / 評価:104件

解説

“路上の天使”と呼ばれたシンガーソングライター、川嶋あいの手記「最後の言葉」を基につづる感動のアニメーション。渋谷のストリートミュージシャンからスタートし、やがては大ホールで歌う歌手になるまでの一人の少女の困難な道のりを、彼女を支える人々の姿とともにみせる。監督は『ふるさと-JAPAN』などで人間をリアルに描くことに定評のある西澤昭男。そのドラマチックな生い立ちとともに、少女の透き通るような歌声が胸にしみる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

歌手を目指していたアイは、高校入学を機に故郷の福岡を離れ、単身上京していた。地元では少しは名の知られた彼女だが現実は厳しく、在籍した事務所もクビになってしまう。くじけそうになる自分を電話でいつも励ましてくれる母親のためにも頑張ろうと、アイは路上ライブを1000回やることを目標に、ストリートで歌い始める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ