ここから本文です

上映中

母なる証明 (2009)

MOTHER

監督
ポン・ジュノ
  • みたいムービー 414
  • みたログ 2,152

3.86 / 評価:1,160件

タイトル通りの「母なる証明」

  • からかす さん
  • 2020年3月8日 10時22分
  • 閲覧数 2421
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画は冒頭広大な原っぱで老いた女性が一人、
手前に近づいてきてなにかヘンテコなダンスを踊り始める。
表情は喜びにも悲しみにも見える。
ここで観客の興味をグッと惹きつける抜群のシークエンス。

母親は自分の息子に対して過去の後ろめたさもあり
ただひたすらに息子の無実を信じて奔走する。
だからこそ母性がもつ狂気性というか
子供のためならなんでもやる姿が
恐ろしくもあり同情もするというか。
その姿勢があのラストシーン、
一瞬にして無音になりそしてまた踊り出すシーンに繋がっていく。

終盤「真犯人」に対して母親が「母親はいるのか」と問いかける。
「真犯人」は「いない」と答える。
母親の不在が「真犯人」を「真犯人」たらしめたのだと考えると
母親の号泣シーンにグッときてしまう。

真相自体は割と早い段階で予想ができる範囲なんだけど
演出が巧妙でサスペンスとして緊迫感をとぎれさせず
最後まで興味を維持できるよう描けているのは見事。
それでいて人間ドラマ・コメディとしてもよく出来ていて
ポンジュノ監督の「ジャンルレス」感が非常に印象的で
映画としてとてもクオリティが高い。。

軽度の知的障害者を演じるウォンビン良かったねえ。
韓流ブームの頃にはいけすかないイケメン野郎だと思ってたけど
いやいやすごいイケメン野郎じゃないか。
あの携帯パカパカシーンとか最高の演技だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ