2009年12月23日公開

アバター

AVATAR

1622009年12月23日公開
アバター
3.8

/ 6,852

37%
29%
19%
9%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4,364件)


  • ShoutingCat63

    1.0

    散々見たので飽きたっす。

    例え、違う話でも散々なテレビで見たので飽きた。

  • yyb********

    5.0

    想像を絶するSF映画の傑作

    凄いSF映画の一つ。どうやって製作されたのか唸る。映画館で鑑賞した作品であるが。3D映画とは何なのか。それ程のものではないだろうと思っていたが、冒頭から圧倒させられた。空中に漂う光のクラゲの様な生物が、目の前を漂うシーン。この美しさは忘れられないものがある。主人公のアバターが翼竜の様な生物に乗り飛行するシーンも凄いものがあった。想像を絶するSF映画の傑作。ラスト。(I See You 。)この台詞が泣かせる。

  • hir********

    2.0

    ネタバレキャラデザは大事

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hick

    5.0

    王道な物語でも技術とのリンクが効果的な作品

    22年、今だからこそより身近な物語。 そして、自分、3D大好き人間。 【直球なテーマ性が好き】 既視感のある王道な物語、に反してオタクチックなTVゲームの世界観、それが映画史No.1の売り上げ、とチグハグさがむしろ好き。無論、ストーリーは明快でテーマの本質は何度映像化されても意義のあるもの。ユニークな点としては、人物や悪を掘り下げる以上に、パンドラという土地や文化の描写に費やし、架空の地に愛着が湧くことによってナヴィたち同様に「侵略」に疑問を抱かせてくれる作品だった。 【利益のための侵略】 今作に似ている作品を思い浮かべると、いくつも浮かんでくるが、自分は特に「ポカホンタス」と重なった。「金儲けの侵略 vs 土地を守る者」という同じ構図。もちろん今作もネイティブアメリカンのメタファーが含まれているに違いないが、国の利益のために罪の無い命が犠牲になる点は、やはり全ての戦争と一致する。 【悪よりも魅力に焦点】 人間をどれだけ悪く描くか以上に、ナヴィの世界をどれだけ魅力的に描くかに焦点があたっていた。パンドラのデザインの美しさはもちろん、ジェイクの様々な体験や彼を受け入れていくナヴィの人々に引き込まれていく。特にバンシー(イクラン)に乗るシーンや、魂の木でのネイティリとのシーンが素敵だった。その点で言えば間違いなく没入感を生む3D上映は効果的で、パンドラの魅力的な描写があるからこそ人間の悪が更に際立ち、腹立たしさも増してくる。ストーリーに反して長尺なのも納得。やはり愛着が湧いた地が荒らされていく様子は辛さが倍増。 【ジェイク】 劇中は、シャワーを浴びるよりも食事をとるよりも早くナヴィの世界に帰りたいという描写があり、彼の"現実"が逆になっていく。下半身不随というジェイクの特性からも、五体満足のアバターの体を借り、ナヴィとして生き生きと活動し惹かれていく姿にとても共感できた。ちょっとアニメチックな言動に違和感もあったが、気持ちの推移としては納得できるキャラクターだった。 【その他】 ゾーイ・サルダナの声の演技がとても素晴らしい。ネイティリの感情にリアリティがあった。レオナ・ルイスの主題歌「I See You」も好きだった。そのメロディーを全編に散りばめたサントラも良い。 ただちょっと、トルークを制するのが簡単すぎたかな。 【総括】 物語に既視感があっても何度でも語り直しに意義のあるテーマ性。パンドラの設定にはリッチな魅力。そして侵略される側に更なる感情移入を生む3Dの没入感。技術と物語が効果的にリンクしていた作品だと思う。ただ、3D無しだとCGの肌質表現などは現在よりももちろん劣るので、没入感の点では評価が少し下がるかも。一般的な評価が低めの作品だが、何が悪いって、今作が売れた事が一番の原因かもしれない。

  • イリス

    5.0

    ネタバレロシアのウクライナ侵略

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tan********

    5.0

    ネタバレI-MAX・3Dの本領発揮!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ech********

    3.0

    マンガをお金かけて実写化

    みたような作品です。マンガでしか表現できない世界を徹底的にお金かけるとここまで実写化できる、という映画技術に感心する作品です。着想はおもしろいですが技術が凄すぎてテーマとかメッセージとかあまり入ってこない。確かに面白いですが続編観たいとは思わない。これで十分。

  • 母里友信

    5.0

    3Dブームの立役者やね。

    映像に尽きるね。冒頭の宇宙船内部から度肝を抜かれた。パンドラの自然とクリーチャも凄い。  時間が長めだが、大佐の演技のおかげでラストまで間延びする事なく楽しめたね。なかなか素晴らしい悪役、ガッツがある。典型的な軍人。映像以外では一番良い所。

  • kecchin

    2.0

    体験型ムービーアトラクション

    2000円という大枚をはたいて観てきました。 一言でいうとタイトルの通りアトラクション的な感覚でした。 その昔、TDLにマイケル・ジャクソンの「キャプテンEO」と いうアトラクションがありました。それに近いです。 が、「キャプテンEO」の方が客席に飛び出してくる映像が あり楽しめました。「アバター」は確かに3Dですが 飛び出す映画と思うとガッカリします。 あくまでも奥行き感体験映画です。 一緒に行った仲間の意見も予告でやっていた「アリス」の方が よっぽど凄かった。あれこそ3Dだという意見が大半でした。 せっかくの3Dが前半の室内での会話や軍基地で慣れてしまい 見せ場のクライマックスでは「ふ~ん」って感覚でした。 2時間45分っていう時間も長すぎですね。もっとナヴィ族での エピソードを短くできたのではないでしょうか? デート映画としても長すぎます。 お話自体もよくあるもので大して新しくもないものですし、 ああいったお話なら宮崎アニメの方がよっぽど上です。 「で、ラストはどうなったの?」と聞かれたときに 「あれ?どうなったんだっけ?」というくらい 映像体験ありきの映画でした。

  • tyo********

    3.0

    ネタバレCG技術はここまで来たんですね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sug********

    5.0

    早く【アバター2】見たい

    映像 音楽 内容 すべてにおいて 最高! 他の方のレビューで 出演者も顔を青く塗って大変だなって (笑) モーションキャプチャで撮ってるし 顔が青色が嫌だとか 小学生レベルのレビューだな(笑)

  • 森田 拓実

    5.0

    映画の進化を感じられた作品

    映像の美しさはもちろん、パンドラという異星の人々や動物たちのデザインや躍動感が素晴らしく、滝から流れ落ちる水や風の動きなど細部に至るまで丁寧に表現されていて壮大な世界観に魅了させられた。 人間のエゴによる環境破壊は現代社会でも大きな問題であり、自然との関わりや争いの無益さなど強いメッセージ性も感じられる。 それだけに低評価の方々のレビューを拝見して思ったが、共通して作品の本質を見ようともしないで「つまらない」とか「内容がない」とか浅はかな意見しか書かれていない事にガッカリすした。 出来上がった作品をわざわざ貴重な時間を割いて鑑賞するのなら絶対に楽しんだほうがいいに決まっている。 否定するのは簡単だけど映画は娯楽であり、「この作品は何を伝えたいのだろう」とか「本当にこんな世界が広がっていたら」「これからどんな展開が待っているんだろう」だとか、もっと想像力を働かせて楽しむべきだと自分は思う。

  • cry********

    5.0

    素晴らしい

    ほとんどの人間は、ただ命令されて 破壊をする側についたと勘違いをして死にゆく兵士と同じではないだろうか。 この星に資本主義に毒されて頭でっかちな人には理解できない良さがあり、 利己的で略奪するだけして、責任を取らないこの人間の醜さがある。 奪って消費するだけの生活をベースする人が多いなか、 とても惹かれるものがある。

  • うに

    5.0

    凡庸ではない。アバターなんてあった?

    王道とか凡庸とかの意見があるけど、アバターになって調査なんて、この映画以前にあったのだろうか。 そしてそのアバターが・・・これ以上はネタバレになるから言いませんが。 ものすごく面白かったし、素晴らしい映像美でした。

  • kao********

    5.0

    削除されました><

    ここのレビューは信用できない。 なぜなら嫉妬してやたらと評価を下げようと複数IDを使うやつがいるから、、 あと役立ち度目当てで見てないのに★1つで投稿するやつがいるから、、他にもある、、 おまけに僕のレビューが削除された、、内容は誰のことも中傷してないし普通のレビューだった、、一体どこまで汚いんだ??? 他の★5つもいくつか削除されてる、、 というわけで お気に入りレビュアーさんの評価しか参考にしてない。 それならその映画の本当の評価が分かるから、、 で、お気レビさんの評価は4,88でした。  ちょっと高すぎる気もしますが良作なのは間違いない。 映像、ストーリー、世界観、キャラデザイン、キャメロンの細かなこだわりを感じられる。

  • もんくま

    2.0

    ジェームズ キャメロンの限界

    3D映像がなければ、特に突出した所はない。 ストーリーはありきたり、SF版ラストサムライ。 惑星の描写も何処かで見た事あるような物ばかりで真新しさはない。 けど、メカデザインは何時ものキャメロン作品らしく、非常にメカメカしく古臭く感じるが格好良い。 中身の薄さに対して、本編の長さは些か冗長な気がする。

  • tar********

    1.0

    ネタバレ正直クソ映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bas********

    3.0

    3Dでないと本当に魅力のない一作

    今となっては適正な評価が難しい映画で 本作は3Dという革新的な映像技術を堪能するものであり 3Dグラスのフィルタを通さずに観ると 相当にキツイ。 衛星パンドラという非常に魅力的な世界観を作り上げてることは 今でも称賛されるべき点だと思うのだが 物語は平板で抑揚がなくつまらない。 人類側のメカニカルなSF設定とナヴィ族側の未開の世界観の設定の 説明を延々としてるようなもので 感覚としては「ロードオブザリング」シリーズに非常に近く ひたすら終わりの見えない設定資料をすごい映像という一点だけで 押し切ろうとしてる感じが本当に苦手。 で異種族間もので問題となる点は本作にもあって 「シェイプオブウォーター」「スプライス」のような展開は 個人的にナシなんだよね。 自身の体の変化に対して意識も変容するというのはあるかもしれないが それなら約30年程度を人間の形で過ごしてきた意識を 3ヶ月で覆すほどの劇的な演出が必要だと思うんだけど これも今では3Dグラスがないからそこまでの衝動を感じられない。

  • seiya

    5.0

    ずば抜けた映像美

    映画館で3D鑑賞した時は感動した。 ド迫力の映像美。 映画の世界に入り込んでしまった。

  • kur********

    2.0

    ネタバレ背景の映像は、よいのだけど、

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/219 ページ中