2009年10月3日公開

テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~

1102009年10月3日公開
テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~
3.6

/ 102

37%
24%
18%
4%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

人と魔物が戦った人魔戦争が終わり、世界は平和と繁栄の恩恵を受けていた。そんな中、帝国騎士団ナイレン隊の新人騎士ユーリたちは、根源たる力“エアル”の異常噴出の調査と魔物撃退に乗り出していた。しかし、騎士団としての行動を共にするユーリと幼なじみのフレンは、次第に反発し合うようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(68件)

かっこいい13.4%泣ける13.4%ファンタジー13.4%勇敢10.9%楽しい10.6%

  • sav********

    3.0

    ゲームファン向けだが、それなりに楽しめる

    予告編だけで BONNIE PINKの歌が流れるたびに、 胸がジンとし、その日のコンディションによっては、眼まで潤んでしまう。 同作の元になったゲームは やったこともなければ、見たことも、 聞いたこともありませんでしたが、まぁなんとかなるだろう、と行ってしまいました(苦笑) 平日にも関らず、 席の半分くらいは埋まっていました。 しかし、なぜか女性だらけで、男性は数えるほど。 この時点では、女性たちが声優目当てだったことに気づけませんでした (客電点灯後、女性のみなさんが感想を話しているときに気づきました)。 ☆彡     ☆彡 なるほどねぇ。 ゲームファンなら、もっと感動できたのかなぁ。 ゲームを知らない人でも普通に、 あくまで普通にですが、面白みはあります。 だって、ストーリーが、とてもわかりやすいですから。 このゲームファンのコア年代層が 何歳くらいなのか当然ながら知りませんが、 もしかすると小学校中学年から高学年くらいのような気もしました。 それほどまでに、わかりやすかったのです。 イコール、私には物足りなさが残ったわけですが・・・。 ゲーム系だからか、 音楽は、やたらにイイです。 音楽だけで、鑑賞者の感情を持っていってしまうシーンもあります。 魔物と戦いを繰り広げるアクションシーンでは、ハラハラさせられますし、 生死をわけるようなシーンでは、悲しみの涙が、眼に浮かびかけます。 仲間同士の愛。 上司と部下の愛。 そして父子を含めた家族愛。 (ありがちな男女恋愛は、薄っすらあっただけ) 特に終盤は、 前半の前振りも効果的で、 次がどうなるのかドキドキして、 スクリーンから眼が離せなくなります。 クライマックス。 上司と部下、父から子への思い。 死地へむかう上司を、 まるで自分もスクリーンの中にいるのではないか。 そんな錯覚をおこすほど、すべての思いが突き刺さってくる。 音楽もシーンにあっており、ここは素直に感涙してしまいました。 ただ、号泣まで行かない。 結局、行き着く理由は、わかりやすさ。 想定内のストーリーでしたので、泣けても、爆発までには至りませんでした。 ☆彡     ☆彡 アクションシーンが中心ですが、 サスペンスの要素も含まれています。 これは、想定外でした。 単純な生き物ですので、 ここに関する部分は見入ってしまいました(苦笑) ゲームファン、 声優ファンターゲットの作品でしょう。 でも、仮に友人や知人に、同作の鑑賞を誘われて、 ゲームを知らないあなたが行ったとしても、それなりに楽しいときが過ごせるはずです。 音楽はいい。 ストーリーも悪くはない。 ただ、画はちょっと安っぽい。 これを、平均点のアニメ映画と言うのかな。

  • yan********

    2.0

    好きな絵柄なんだけどなぁ

    割と好きな絵だったので見てみる。 一番印象に残っているのは展開の遅さ(笑。長かった・・・ 全体に白っぽい映像は好感が持てたが、ストーリーと演出が・・・ 最初の「つかみ」の映像は良かったが、それが終わると最後の「盛り上がり」までがひたすら長い。ストーリーは淡々とシリアスに流れるが、笑いとかお色気とか(なんでも良いのだけどシリアス以外で)の緩急がついていないので個人的には飽きた。 たしかにその中にも戦闘シーン・回想シーン(このぼやけた絵は良かった)があるのだが、どちらも間延び感を払拭するほど心に入ってこなかった。 最後の盛り上がりは映像的に(新しさは感じなかったが)良かった。見入ってしまった。 しかし、基本的にどの戦闘シーンも(最後の盛り上がりも)割と練られた仕掛けでなく、あっさりと決着するのでこのへんももうちょっと考えて欲しかった。 でなければ、全体をもう少しコンパクトにまとめた方が良かったと思う。 一人一人のキャラクターに感情移入ができなかった。声・口調の「立ち」が甘く感じる。 主人公の若者二人、隊長、双子の姉妹(かな?)どの人をとっても、うわべだけのキャラ付けに感じた。 エンドロールが今後に続いていくのを予感させる予告編っぽい物(そっちの方がおもしろそうに見えた。<この辺が計算なのかなw)だったので長いシリーズの一作になり、これ全体が今後の振りになるのかもしれぬけど、もうちょっと飽きさせないように演出してほしかった。

  • hoa********

    3.0

    ネタバレなかなかですな・・・うん(^O^)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bla********

    5.0

    ゲームをプレイした人は必見です^^

    テイルズが大好きで、ヴェスペリアもプレイして面白かったので鑑賞しました。 そんなに期待はしていなかったのですが面白かったです。 ストーリーがとっても良くできていると思います。 ゲームと多少変更になってしまっているところもありましたがさほど気にならないくらい面白かったので個人的には全然ありでした。 ユーリとフレンの過去が観れただけで満足です。 ゲームをプレイした人はぜひ見てください^^

  • ett********

    1.0

    ゲームが好きだったから見たけれど・・

    ゲームが好きだったから、見ましたが、単調でたまらないです。 とにかく感情移入が出来ない。たんたんと話が進んでいく印象、ゲームをプレイしていない人は全く観ても意味ないかと思います。 ゲームをプレイしておもしろいと思った人が、余韻にひたりたくて見るのが良いかと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


鳥海浩輔ユーリ・ローウェル
宮野真守フレン・シーフォ
谷口節ナイレン・フェドロック
小笠原亜里沙ヒスカ・アイヒープ
水沢史絵ジャスティル・アイヒープ
中原麻衣エステリーゼ・ジス・ヒュラッセイン
森永理科リタ・モルディオ
竹本英史レイヴン

基本情報


タイトル
テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日