ここから本文です

曲がれ!スプーン (2009)

監督
本広克行
  • みたいムービー 217
  • みたログ 1,527

3.27 / 評価:715件

なぜこんなに評価が低いのか

  • lov***** さん
  • 2019年9月8日 16時00分
  • 閲覧数 693
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

なぜこんなに評価が低いのか。

元々自分は最初にこの映画をヨーロッパ企画の舞台版で観た。
実はその時はたまたま動画視聴サービスで検索して長澤まさみ主演の映画のタイトルだった為、長澤まさみ目的で視聴したが、どうにも様子がおかしい。よく確認すると小さな劇団の舞台を映画化されたものだった。正直ガッカリしたが暇つぶしのつもりで見たところ、内容にどんどん引き込まれた。舞台の場合小さな空間で物語が進んでいくが、二重三重に伏線が張られ、最後にそれが回収される。それがわかった時の感動はすごい。何度か繰り返し観たがその都度新たな発見があった。

今回ついに長澤まさみ主演の映画を観ることになったがヨーロッパ企画の役者たちがそこここに出演していて、個人的にはその時点で大興奮だった。
あの小さな舞台での出来事をどうやって映画にするのかと思っていたが上手く展開されてゆき、最後は期待していなかった感動も味わえ思わず涙してしまった。
ヨーロッパ企画の舞台版を何度か見てエスパーたちの気持ちに自分が寄りすぎていた為かもしれないが、みんなの選択や長澤まさみの最後の言葉は涙が出るほど嬉しかった。

レビューを見て同士を探そうとしたが、予想していたより評価が低く正直少しショックだった。この映画はまずヨーロッパ企画の舞台(映画)を観てからにすることを是非お勧めしたい。

自分としては二作品合わせて素晴らしい映画に出会えたと思っている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ