ここから本文です

曲がれ!スプーン (2009)

監督
本広克行
  • みたいムービー 218
  • みたログ 1,527

3.27 / 評価:716件

舞台劇として面白い

  • KSHue さん
  • 2020年5月20日 11時57分
  • 閲覧数 456
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

テレビ局の超常現象番組AD役の長澤まさみが取材で訪れたカフェで展開する喜劇。大部分のシーンが超能力者が集うカフェ「念力」で展開される。

元々舞台劇用の脚本なので映画としても舞台劇風な演出、それがハマっていると思う。エスパー達はニッチでマイナーなキャスティングであったが個性的で面白かった。

大昔の「世にも奇妙な・・・」であった「常識酒場」という話を思い出した。同じく閉ざされた空間での超能力劇だが、あれは悲劇でのちに「Night Head」の題材になった。超能力者も普遍の人気題材ですが喜劇もいいね。

難点はエンドロールがクドイこと。クサイ、クドイは喜劇に禁物。イケてないという評価になる。映画の終わり方って大事ですよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ