ここから本文です

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH (2009)

監督
清水崇
  • みたいムービー 62
  • みたログ 283

2.30 / 評価:170件

酷い酷い酷い…3拍子揃ってしまいました。

  • 3104Arata さん
  • 2018年10月18日 8時36分
  • 閲覧数 190
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりにお金を払ったことを後悔しました。

ちょっと前に「ブラッディバレンタイン」という3D洋画を見て、3D映像をうまく活かした映画で楽しんだので、「戦慄迷宮」という元ネタを知っている日本の3D映画だけに結構楽しみにして見に行きました。

が・・・

ちょっと酷すぎました。

・ストーリーがよくわからない。
  ⇒特にオチ。想像の余地を残した終わり方ですが、そんな余地、求めてません。
・3Dがとにかく観難い。
  ⇒私はメガネをかけていますが、3Dメガネのあまりの見難さに上映中、何度となく「メガネon3Dメガネ」と「3Dメガネonメガネ」どちらが観やすいかを試していましたが、結果、どちらも一緒で元の映像が観難いだけだと気付きました。
  ⇒かつせっかく3Dなのに、その面白みゼロでした。
・柳楽君がただのおっさんに見えてしょうがない。
  ⇒太りましたね。ふけましたね。駆け出し俳優か!っていうくらい、オーラを感じませんでした。
  ⇒勝地涼さんも個人的に好きな俳優ですが、今回の役柄は「誰でもええんでないのその人」って感じてしまい、アウト。


結局、期待が高すぎたんでしょうか。
普通の映画と違って、金券ショップで安売り券も売っておらず、しかも2000円という特別鑑賞料金を払わないと見れない中で、期待値大でみてしまったからこんなにも損をした気分になったんでしょうね。

お金と時間に余裕があれば、それなりに受け止められる映画だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ