レビュー一覧に戻る
ゼロの焦点
2009年11月14日公開

ゼロの焦点

1312009年11月14日公開

ang********

1.0

配役がもう、駄目でしょうこれは

レビュー1555作品目。J-COMはチャンネルNECOにて視聴。 非常に有名な小説が原作ですし、何度か映画化されている作品でしょう。 が、今回のこの女性三人の布陣が酷すぎる。 まず、薄幸な女性筆頭の木村多江さんは良いでしょう。非常に役に合っていた。この方、この手の「暗い過去」だの「薄幸」だのの役が激烈に合います。もう黙って立っているだけで、そのキャラになる。 次に、セレブ妻の中谷美紀さん。外見や雰囲気でこの役を射止めたかな。 まあ悪くは無いのですが、なんかしっくり来ないと言うか・・ で、ここの解説を見た所「オーバーアクション」と書いてあり、その瞬間 「それだっ!!!」 最後に主役の広末涼子さん。 彼女の事は好きでも嫌いでも無いですし、美人さんとは思います。 でも、アカン。全く受け付けられない。 これは彼女が悪いんではない。プロデューサーか監督か誰が責任者か解らないですが、この難しい役に彼女を配置した制作者の責任。 「考える演技」「黙して語らず」「微妙に変わる感情」などを表現出来る女優が何人いるのか。 彼女では無理ですよ。で、ピッタリの女優を持って来れないのであれば、脚本を変えるべきでしたねえ。 最初から最後まで、(本当に失礼ながら)主役が出る度に白々しい気分になる、これで映画を全く楽しめなかった。 広末さんも気の毒です。被害者と言ってよいかもしれない。 自信もって最低点。

閲覧数4,484