レビュー一覧に戻る
ゼロの焦点
2009年11月14日公開

ゼロの焦点

1312009年11月14日公開

s.arata

3.0

ネタバレ物語は良い!けれど、パンチが足りない?

この映画は2つの軸で描かれていました。 一つは、広末さんを視点としたストーリー軸。 これは、「夫を誰がなぜ殺したのか」というミステリー要素を入れるため。 もう一つは、中谷さんを中心としたドラマ軸。 これは、広末さんの夫を殺した理由から苦しい戦後の中で生き抜いてきた中谷さんの悲しみを描くため。 物語としては良く出来ていると思いますが、なんか、パンチが足りませんでした。 映画館で観なくても…って感じです。 時間のない中で描ききれないのかもしれませんが、出来れば中谷さんの「辛い過去」「消したい過去」をもっとエグ~ク描いて欲しかった。 なぜかというと、中谷さんの演技がばっちりすぎるからです。 沢山のレビューの中で、「あの演技はホラーだ!!」(笑)なんて内容でかかれていますが、まさしくその通り。 ただ、あそこまで奇怪にしたのは、中谷さん演じる役が「戦争」と「社会(特に男?の事をいっているのかな??)」に苦しめられた辛い過去を生き抜いてきた人物であったからこそ、普通にみるとおかしいくらい狂った演技にしたのではないでしょうか。 がしかし、一方で観てる側としてはあんましそこを感じれなくて、感情移入が出来ない。 だから、ただただ奇怪に見えてしょうがなかったです。 そういう意味で、大筋は良い!と思いましたがパンチが足りない…と感じてしまいました。 あとは、不明点がいくつかありました。 ・最後のほうで広末さんが中谷さんの事を「まり!」(昔の名前)で呼んだ事。 あれは広末さんのちょっとした復讐だったんでしょうか??笑 ・タイトルの意味は一体なんだったのでしょうか??笑 私は原作を読んでいないので、上記2点の意味が全くわかりませんでした。 ただ読み取れなっただけなのでしょうか???

閲覧数3,222