レビュー一覧に戻る
ワイルド・スピード MAX
2009年10月9日公開

ワイルド・スピード MAX

FAST & FURIOUS

1072009年10月9日公開

雉間

4.0

ネタバレ結局1番ワイルドなのは藤井りな

3(スリー)を飛ばして1→2→MAXで観賞。 今作はあれね。要は復讐劇。 死んだレティの報復…なのだが3を飛ばしているわたしからすればレティは2で少し見た程度で良くは知らない人。だから正直レティが死んだとて何も思わなかった。(若干3を飛ばしたことを後悔) ま、そんなニワカのわたしが思うに今作はアクション・ストーリー共に1作目や2作目以上でかなりいい。映像も綺麗で見ていられるしね。 (映像のクオリティって、 1999→2009の変化は凄いけど、 2009→2019の変化はほぼないよね。 まあ、どうでもいいけど十分見てられるってだけ) ただ今作、レティの死以上に驚いたのがダークホースである《藤井りな》の存在。 喋る度にわたしから自然な舌打ちを出させるという演技派ならではの《見ている人の心に響かせる》演技力には度肝を抜かれた。 そして止せば良いのに自分の意思とは関係なく暴走を続ける、まるでエヴァンゲリオンのような藤井りなは劇中のセリフ量と引き換えに自身の芸能人生を縮める…。 その様からわたしには彼女がいかにこの仕事に懸けているかが伝わった。 しかしながら残念なことに彼女の吹き替えは少し目を瞑れば許せるレベルに留まらず、容赦なく下手(今までいくつもの下手な吹き替えを見たが、ちょい役以外の重要なポジションの下手さならこれは群を抜いてる)。 どう考えてもミスキャストであり、シリーズファンだけでなくニワカの眉根さえも寄せさせるという、またしても《見ている人の心に響かせる》の真髄を披露。そんな藤井りなに対してわたしに出来ることがあるとすれば、シリーズファンの車に轢かれないことを祈るのみである。 次は3を飛ばしてMEGA MAXを見る予定。 【ひと言】 終わらせ方上手いね。 裁判後、護送車に乗るシーンを見て「あー、やっぱそうだよなあ」なんて思うけど、その後の展開は思ってなかった。 あと5分見たいと思わせる、余韻を残す良い終わらせ方。 【参考】 ★★★★★…すごく面白い。 数年後にもう一度見たくなる。オチ、ストーリーがわかっていても見たくなるレベル。 ★★★★☆…面白い。 良い時間を過ごしたなと思える。友達におすすめできるレベル。 ★★★☆☆…普通。 悪くはない。が、2度はない。一度見れば満足。それでも映画として十分お金が払えるレベル。 ★★☆☆☆…つまらない。 劇場に行って後悔する。無料なら見る。ながら作業で見るレベル。 ★☆☆☆☆…すごくつまらない。 時間の無駄。無料でも見ない。お金をもらってやっと見てあげるレベル。

閲覧数1,062