レビュー一覧に戻る
ワイルド・スピード MAX
2009年10月9日公開

ワイルド・スピード MAX

FAST & FURIOUS

1072009年10月9日公開

つとみ

2.0

スーパーコンボのために その4

異国の地・東京への遠征(?)を終えて、古巣に舞い戻った「ワイルド・スピード MAX」。キャストも原点回帰し、ドミニク・ブライアン・レティ・ミアと懐かしい面々。 そしてオープニングも1作目と同じく、車両強盗なのだ! と、冒頭はワクワクしたのだが、なんか悲しいくらい盛り上がらないの。気持ちが。 見た目の派手さはどう考えても前作「TOKYO DRIFT」の方が(面白さも含めて)上だったし、バディ感は2作目のブライアン&ローマンの方が(コミカルさも含めて)上だったよ。 1作目のキャストでは一番好きだったレティの出番も短いし。 カッコいい車、過度にセクシーな女の子たち、当然のように積まれたNOSと、パーツは揃ってる。 脚本がグダグダなのも今に始まった事じゃない。 ただ、ここまで必ずあった「チームみんなでワイワイ車いじり」のシーンがなかったせいか、しょーもないけど楽しそうだよね、という気持ちになれなかった。 カーアクション自体は今までで一番スゴいことをやってるのかな?という気持ちはある。が、乗らないからわからないのだ、その凄さが! いろんな意味で残念な出会いだったとしか言いようがない。 結論「スーパーコンボのために その4」 もっと車を大切にしてあげて!

閲覧数848