レビュー一覧に戻る
マーシャル博士の恐竜ランド
2009年9月18日公開

マーシャル博士の恐竜ランド

LAND OF THE LOST

1012009年9月18日公開

hir********

5.0

ばか無敵。

ばか・・・・である。 それも、ウィル・ファレル・・・ばか番長である。 たぶん、ティラノザウルスより、脳みそが小さいと思う。 だが、ご存知の通り、バカというのは、くじけない。 何とか、モガイテルうちに何とかなってしまう・・・それが、ばか、というものだ。 今回、バカは、一人ではない。 もう一人、パンチのきいた痛いバカが、出てくる。 ばか二人に、サル一匹。 このトリオが、終始、ドリフコントの「ノリ」で突っ走るドタバタ・コメディ。 好きか嫌いかで言うと、大好きな作品だ。 蚊に大量の「血」を吸われて、眠くなる番長。 恐竜に飲み込まれて、ウン*と一緒に出てくる番長。 すべてのシーンが、意味も無く、ただ、ひたすらクダラナイ。 でも、観ている間中、ずっと、笑っていられる。 コメディは、どれだけ、バカになれるかで、作品価値が決まるとしたら、 間違いなく、この作品は、満点である。 あの「コーラスライン」を、ここまでコケにした勇気に★ひとつオマケ。

閲覧数874