2009年8月29日公開

南の島のフリムン

972009年8月29日公開
南の島のフリムン
3.3

/ 33

24%
9%
42%
18%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

沖縄の養豚場で働く栄昇(ゴリ)は、三線名人の60歳のマサル(照屋政雄)や、後輩のヒトシ(諸見里大介)らとつるんで日々楽しく遊んでいる。30歳・独身の栄昇だったが、ある日コザにあるポールバーでダンサーのオレンジ(レイラ)に一目ぼれする。だが、ほかにも彼女にちょっかいを出す筋肉隆々のアメリカ兵(ボビー・オロゴン)がいて……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(20件)

笑える34.2%楽しい21.1%コミカル18.4%セクシー7.9%勇敢5.3%

  • 島袋なおみ

    5.0

    ゆいまーるを感じる作品

    こんにちは。 2009年の沖縄国際映画で公開された映画となり、 YOSHIMOTO SPECIAL PRESENTATIONの企画です。 なんとこの映画の面白いところは、 ガレッジセールのゴリが監督をやっており、 普通の沖縄を描いた映画とはちょっと違った味をだしています。 沖縄の独特の雰囲気や文化を秀逸に表現されている。 <ゆいまーる=助け合い>をテーマに描かれた内容で、 お笑い芸人が監督をした作品となるが、 内容も濃くとても楽しめる映画となっております。 初めて、ゆいまーるという言葉の意味がとても深く感じた。 ぜひ、映画をみて、一度ゆいまーるを感じて観て欲しい。 以上

  • mku********

    2.0

    でーじ面白かった…かな

    沖縄人の内輪ウケ的・あるある的笑いがたくさんちりばめられてあって,沖縄出身者としては面白く見ました。ただ,それが分からない人は納得しなかっただろうな。特に,映画館で1800円払った人は。。。

  • t_z********

    2.0

    ネタバレなにか足りない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    2.0

    タイトルどおり

    タイトルどおりおばかな内容です。 家族の掛け合いは面白かったが、 わざわざ映画かする内容でないことは確かです。 レンタルしてまで見る作品ではないので、地上波でやるのを待ってください。

  • hi6********

    2.0

    沖縄テンポのギャグとAKINAは良い

    ガレッジセールのゴリが監督しているので、素人演出であるし、 話も、「ベストキッズ」の大人版的な単純な話であるが、 沖縄でのぎらぎらとした天然の原色の風景の中の のんびりとしたギャグと、元フォルダー5のAKINAの気の強いおねーちゃん ぶりが小気味よかった。 (元フォルダー5は、満島ひかりといい、中々と役者向きな子が揃ってますね) 但し、後半のこの映画の要であるバトルシーンが、カット割りの稚拙さと 距離間が微妙に多いままで盛り上がらないのが致命傷であるし、 シーンによって露出、アングルが悪くて見にくシーンが多いのも 素人ならではの残念さである。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ゴリ栄昇
照屋政雄マサル
AKINAりみ
ISSAポールバー従業員
KENポールバー受付
夏川りみ謎の占い師
川田広樹東風平
平良とみ金城先生

基本情報


タイトル
南の島のフリムン

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日