ここから本文です

マーターズ (2007)

MARTYRS

監督
パスカル・ロジェ
  • みたいムービー 152
  • みたログ 482

3.33 / 評価:334件

わたしにとってはカタルシス

  • oku******** さん
  • 2020年11月1日 23時39分
  • 閲覧数 1453
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

これまでわたしは自分が単なるホラー好きだと思っていたが
この映画を観てわかった
わたしは拷問系が好きなのだ
人が拷問されている映像を観て
何故か心が落ち着くのだ
断っておくがわたしは人生で誰かを傷つけたいと思ったことはない
むしろ幼い頃から親に手厳しいしつけを受けて
流血やアザは当たり前
付き合う男性からも常に暴力を受けてきた
そのわたしがなぜこの映画を何度も何度も観てしまうのか
精神科医に聞いてみた

愛情希薄に育った人は根本的な人間に対する信頼感が備わっていない
それは、自分の相手に対する期待や欲求が満たされない経験が(傷つき)となり
こういう経験の積み重ねは、自尊心や自己愛の低下を招き、その結果、人間を信じられなくなっている状態が想定される

拷問されてるのを見ることは、自分が行いたい人間に対する復讐を、代わりに行ってくれるという、代償行為であり、本来の自分の欲求・復讐願望を満たすものなのだと言う
しかし多くの場合復讐願望は抑圧されていて、本人には自覚できない場合が多いらしい。
自己愛の満足な保全性が損なわれていること(自分を愛していない)は
なんとか自己愛の保全性を回帰させようと、防衛機制が働くところに、例えば拷問されてるのを見て、本来の自己愛の保全性を回帰(補償)させてくれる機能がはたらく。
これは精神浄化(カタルシス)という意味合いもあるようだ。

要するにわたしは誰かがわたしの変わりに傷つけられてるのを観たり
わたしが深層心理で行いたいけどできないことをしているのを観て
スッキリしているわけだ

これからもこの映画を何度も何度も観るし
わたしには必要な映画なのだと思う

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ