ここから本文です

ノースフォーク 天使がくれた奇跡 (2003)

NORTHFORK

監督
マイケル・ポーリッシュ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 44

2.73 / 評価:15件

天使がくれた奇跡って何?

  • tomitan さん
  • 2009年12月2日 15時29分
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

原題では、「ノースフォーク」
邦題では、「ノースフォーク 天使がくれた奇跡」
天使は何か奇跡をくれたのでしょうか?

「小さな中国のお針子」に続き、ダムに沈む町のお話です。
e.r.のグリーン医師、アンソニー・エドワーズさん出演!ってことで、「よっしゃ、観ちゃおう!」っと、お気楽鑑賞のつもりが・・・暗転。
ぬあんだぁ?これは・・・急いで、整理整理。

絵作りは、セピア調とかモノクロとかの噂もありますが、極力ローキーに押さえ、空の青さや地面の輝きを白とびさせた風。単調な絵作りの中、いくつかのストーリーが平行して進みます。
水没まで、残り48時間・・・と言ってもお話はのどかに進むのですが・・・

リアルな世界のお話が2つ。
立ち退きの会の黒いロングコートの6人と街に居座る住民、
そして、死んじゃうアーヴィン君と見守る神父(ファーザー)さん。
※ファーザーって神父さん、でしたっけ・・・

立ち退きの会の面々は、特にウォルター&ウィリス父子に着目。
地元の出身らしいのですが、65世帯以上を立ち退きさせたら1.5エーカーの土地が手に入ることに引かれ、立ち退きの会の実行メンバーになっている親子。
水没するノースフォークの街の墓地には、ウォルターの妻パトリシアの墓が有ります。
そのお墓も、水没してしまうのですが、お墓の移転をめぐって父と息子の意見は対立します。
ウォルターたち立ち退きの会の面々は、町に居座る住民たちを説得してまわります。
が、後48時間になっても居座る連中です、つわもの揃いで、そのやり取りは見ごたえ十分。
家のポーチに脚を釘づけにして、立ち退きの会へライフルを撃ちまくる男。
自宅をノアの箱舟風に改築。これなら大丈夫と住み着く、2人の妻を持つ男。
何故かお目こぼし、レストランのお女主人。
それもそのはず、立ち退きの会の6人が食事をしなければならないから・・・。

そして、もうひとつの現実、アーヴィン君。
アーヴィン君は里子に出されたものの、病弱であったため神父さんのもとへ戻されてしまいます。
移送に耐える体力の無いアーヴィン君、生きたままダムに沈んでしまうのでしょうか?

で、ややこしいのが、アンソニー・エドワーズさん達4人。
どうやら、別の世界の出来事、みたいです。
こちらの話も、平行して進みます。
しかもこの4人組み、「天使」だそうな・・・
羽を切り取られた天使アーヴィン君は銃を持ち、立ち退きの会ウォルターは、天使の羽(?)を持っています。
アーヴィン君の切り取られた羽の傷跡を観察するその眼は、緊急救命室で数多くの手術を成功させたマーク・グリーン眼そのもの。
アーヴィン君は天使なのでしょうか?
う~ん。
天寿を全うしただけ・・・のような気がしないでもないが・・・
1000マイルの彼方、というのが新しいノースフォークの街であれば、簡単なのですが・・・
摩訶不思議。理解困難。
「2001年宇宙の旅」みたいに、「ノースフォーク2010」でも有れば、少しは理解できるようになるのでしょうけど。
2、3度見直すつもりで鑑賞してください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ