ここから本文です

劇場版 空の境界/第七章 殺人考察(後) (2009)

監督
瀧沢進介
  • みたいムービー 6
  • みたログ 141

4.09 / 評価:54件

いやもう、本当に今更なのですが

  • tokyo_sy*** さん
  • 2020年10月25日 5時52分
  • 閲覧数 68
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1818作品目。アニマックスにて本日一挙放映で視聴。

・・と言っても、散々WOWOWだのAT-Xだので見ていますし、
そもそも空の境界は全巻DVD持っているので、本当に今更ですが。

アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。

いやね、先週末に鬼滅の刃を劇場で見て。
鬼滅といえばUfotable。といえば奈須さん。といえば空の境界。
まあFate/Stay nightも大好きですが、カルトでダークな空の境界は大好きで。

一応、この殺人考察で完結。
殺人を犯した式に、幹也が「君の罪は僕が背負う」とプロポーズする
究極純愛ロマンス回です、ハイ。

まあ、本作品が空の境界の完結編と言いながらも、この後に
未来福音とか出るのでアレですが。

原作に、奈須きのこ氏
脚本に、平松氏
制作は、皆が大好きUfotable。
音楽に、梶原由記神。

まさに万全の布陣

まあ不満は二点のみかな。

ラスト、幹也が死んだと思い「お前だけは許せない」と先輩を殺そうとする式の戦闘シーン。
ここは、溜めなど無く(無駄に先輩にざくざく切られるシーンなど不要)
最初から一気に無双して頂きたかった。

もう一点は、先輩の涎の大量さ。視聴者の食欲減退間違いなし。

この二点の不満点さえ無ければ★100だったのに。

ラスト、ENDロール後の二人の語らい。桜の花吹雪が美しい。
式も。何年経っても色あせない名作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ