ここから本文です

運命のボタン (2009)

THE BOX

監督
リチャード・ケリー
  • みたいムービー 445
  • みたログ 2,192

2.33 / 評価:901件

ネタバレ厳禁!究極の選択を迫る不条理劇!

昨今予告編などの宣伝で鑑賞時の興を削がれることが多いが、本作は見事である。
展開どころかオープニングからして、予告編からは想像もつかない要素がさらされる。
わけのわからない脳学者を担ぎ出し、あらぬ方向に煽りたててヒンシュクを買った作品とは対照的だ。
大いに賛辞を送りたい。

ラストだけではなく、のっけからネタバレ厳禁の本作だが、これだけは言っておく。
ドッキリではない。
また、人間の欲望をテーマした作品ではあるが、それはこの作品の一要素に過ぎず、教訓めいた「笑うせぇるすまん」的な作品ではない。
得体の知れない何かに囚われ、ラストまで飽きることなく引きずられる。
そして何か重い物を抱えさせられたような余韻に浸れる。

「笑う~」的なブラックユーモアを求めて鑑賞した方々には同情する。
よって賛否は分かれるだろうが、私は賛だ。
不満な点がないわけではないが、それがこの余韻に素とも言える。

もう手遅れかも知れないが、あまりレビューは読まずに鑑賞することをオススメしたい。
レビュータイトルからしてネタバレ地雷を踏みかねない。
私は投稿するまでは他人のレビューを一切読まない主義でいることを幸せに思う。

語りたいことは多々あるが、これ以上は地雷を置いてしまいそうなのでこのくらいにしておこう。(ネタバレチェックも入れない主義なので)

このレビューのタイトルが含むものは、すでに鑑賞した方々にはおわかりになるだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ