レビュー一覧に戻る
運命のボタン
2010年5月8日公開

運命のボタン

THE BOX

1152010年5月8日公開

koume1532

4.0

ネタバレ究極の選択

キャメロン・ディアス主演の異色サスペンス。 ストーリーは、3人家族に忍び寄る悪夢と言ったところか。 ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)は裕福ではないが、ソコソコ幸せな家庭。 平凡な毎日を送っていたが、ある日 顔面を損傷したスチュワート(フランク・ランジェラ)と言う見知らぬ男が訪ねてくる。 訪問理由は、”数日前に お宅の玄関に置いたBOXの件で話を聞いてほしい”と言い募る。 そのBOXにはボタンが設置されており、スチュワートが持ってきた鍵で透明アクリル板が開き、ボタンが押せる仕組みになっている。 そして驚くべき説明を始める。 『ボタンを押せば100万ドル差し上げる、そのかわり見知らぬ誰かが死ぬ』と。 悩む2人だったが、期限が迫ったところでノーマが衝動的にボタンを押してしまう。 そこから家族の運命の歯車が狂いはじめ・・。 コメディエンヌ色の強いキャメロン・ディアスだが、終始シリアス。 足に障害のある女性を演じている。 当時 流行ったのかな?サーファーカットの巻髪スタイルが新鮮。 ストーリー展開は理不尽物だが、VFX?SFX?特殊メイク?私には区別がつかないが、その技術が素晴らしい! スチュワートの顔面損傷が、そんな不幸を本当に体験したした人にしか見えないし、ベッドに横たわるノーマが水の塊を見て指を差し入れた途端 大量の水が流れ込んでくるシーンも圧巻! 映像美にのみ 星4つ入れた次第です。 そして肝心のストーリーなんだけど”誰が何のために”こんな試練を与えるのかが不明。 スチュワート自身も上からの指示だと言っていたし。 上って? 神様?宇宙人?それとも得体のしれない何か? 要するに『因果応報』って事? 子供も含めて、家族全員が不幸になるラストが 後味悪い。

閲覧数2,347