2009年12月26日公開

釣りバカ日誌20 ファイナル

1182009年12月26日公開
釣りバカ日誌20 ファイナル
3.6

/ 165

22%
36%
30%
6%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

近年の業績悪化により、追い詰められる鈴木建設。会長の一之助(三國連太郎)が無期限の給料全額返還を実行する中、一之助のために一肌脱ごうと奮起した伝助(西田敏行)は、得意の釣り人脈から思いがけない大型受注に成功する。そのかいあって会長賞とご褒美の釣り休暇をもらった伝助は、一之助とともに北海道へ釣り旅行に出掛ける。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(97件)

笑える25.3%楽しい24.9%コミカル18.2%泣ける10.0%切ない4.8%

  • tos********

    3.0

    20年におよぶシリーズの結末に目が潤む

    業績不振の鈴木建設。会長のスーさんは、給与全額返還を決意し波紋を呼ぶ。そんな中、浜ちゃんは得意の人脈で大口契約を獲得。会長賞として二人で北海道へ旅行へ。スーさんの友人の娘で、料亭の葉子が同行する。北海道では葉子の娘で獣医師の裕美が、三人を出迎える。  スーさん浜ちゃんの関係最後まで会社にばれないように、すっとぼけるのがもはや奥ゆかしいです。スーさんの二人の娘がようやく初登場。今回は定番の浜ちゃんの人脈作戦、若い二人の物語、に加えスーさんの臨死体験の三部構成。最後の舞台風のエンディングには、少し目が潤みました。  19を除いて全部観了です。最初数作観たら飽きると思ってましたが、だんだん馴染んでくるのが楽しかったです。谷啓は、これが遺作となりました。

  • blue

    5.0

    釣りバカ日誌は永遠に不滅

    この映画封切りの翌年、谷啓が亡くなり、4年後に三國連太郎が亡くなった。 日本映画の良さが詰まったような、本シリーズ。観るだけで心がホッコリする。 本当はもっともっと続いて欲しかった。残念だけど、今は名優達の冥福を心から祈りたい。 本当にありがとう。釣りバカ日誌は永遠に不滅です

  • tub********

    4.0

    ラストにあり!って感じ

    全部見たわけじゃないけど、このシリーズはBS放送でかなり見ました。 この作品は数年前に見て2回目。 ストーリーが凄くすき。 北海道釣り&縁結びからのスーさん命の危機!!でも三途の川でのミュージカル風なパパイヤ鈴木が作った躍りと歌が何ともいい感じです。 最後の辞職あいさつの場面では涙・涙でした。 またいつかみたいなぁ。

  • ksk********

    5.0

    20本一気見

    NetFlixで20本一気見。 すべての作品が★3、一本たりとて★2も4もない。この安定感はすごい。 個人的には前半の石田えりさんのほうが好きですね。 故、三国廉太郎さんはよくファイナルまで演じ切ってくださいました。 西田さんや、20作通じて演じた運転手さん、秋山専務、釣り船やのハチ、皆々お疲れ様でした。あらためてシリーズものはキャスティングの維持がポイントです。

  • w_y******

    4.0

    面白かったです

    遂に終わってしまったかという感じです。平成日本を代表する娯楽映画シリーズの一つだったと思います。最後もハマちゃん・スーさんコンビの息のあった演技で充分に発揮されとても楽しむことができました。ただ最後出られた佐々木次長役の谷啓さんは体調が優れないのか以前の元気な姿はまったく感じられず、かなり気になりました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


西田敏行浜崎伝助
三國連太郎鈴木一之助
浅田美代子浜崎みち子
松坂慶子沢村葉子
吹石一恵沢村裕美
塚本高史久保俊介
加藤武秋山専務
小野武彦原口取締役
鶴田忍堀田社長
中村梅雀[2代目]草森秘書課長
益岡徹舟木課長
中本賢太田八郎
笹野高史前原運転手
谷啓佐々木次長
奈良岡朋子鈴木久江
岸部一徳原常務
六平直政岩田益男
平田満久保克臣
角替和枝久保弘恵
高畑淳子鈴木紀子
持丸加賀浜崎鯉太郎

基本情報


タイトル
釣りバカ日誌20 ファイナル

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日