レビュー一覧に戻る
パリ・オペラ座のすべて
2011年10月29日公開

パリ・オペラ座のすべて

LA DANSE, LE BALLET DE L'OPE'RA DE PARIS

1602011年10月29日公開

nsa********

3.0

「パリ・オペラ座 探検ツアー」と「美」

フランス映画独特なのか、説明も何もないドキュメンタリー。 映像のほとんどがバレエの稽古場の様子。 きっと有名なダンサー達なのでしょう。 まるで本に挟んだしおりのように 時々映るパリの景色の美しさといったら! オペラ座のロビーや階段、廊下の美しさはもちろん、 従業員用のそれの曲線美もため息が出るほど美しい。 意図しているのか、それとも 何気なく作っていても芸術品になってしまうのか、 建築に対する美意識を感じて、ただ、ただうっとりしてしまいます。 バレエダンサーの人間の稼動範囲を無視した「美」のみの ポジショニングと動きには感動を通り越して驚嘆してしまいます。 両足を180度開くという基本のスタンスさえムリな一般人からみると ダンサーが手首から肩の直線を丸く見せるなど、まさに神業! 踊り以前にプロポーション、所作、存在そのもの全てが「美」です。 女性のダンサーは思ったより筋肉が「男らしく」、 逆に男性は滑らかで「女らしい」のが面白いですね。 昔から続く伝統的な踊りの美しさやレッスンだけでなく、 現代的な要素、例えばイベントの打ち合わせの様子や、 ダンサーに支払われる年金の説明会(支払開始はなんと40歳!) などなど、新旧、現実と夢の中を取り混ぜたような内容にさすが「すべて」と感心。 3時間近くといった長い作品ですが、 一般人はまず入れない「パリ・オペラ座の裏側探検ツアー」に 参加したような満足感は味わえます。 もちろん、あの有名な地下も... もしバレエに興味を持ったのならオススメなのが、 この映画の中にも出てくる「くるみ割人形」。 クリスマスの晩に人形に連れられて 魔法の国を訪れる少女のお話です。 この映画では練習だけで舞台の様子は出てきませんが 白いパドゥドゥ(男女ペアの踊り)の素晴らしさは息をのむほど。 よく耳にするチャイコフスキーの音楽も心地よいでしょう。 セットも衣装も豪華でバラエティあふれる様々な踊りが楽しめます。 わかりやすいので、お子さんにもオススメですよ。 ちなみに私は葦笛という女の子二人の踊りが好きです。 もうすぐクリスマスなので、ぜひ!

閲覧数129