レビュー一覧に戻る
パリ・オペラ座のすべて
2011年10月29日公開

パリ・オペラ座のすべて

LA DANSE, LE BALLET DE L'OPE'RA DE PARIS

1602011年10月29日公開

mkq********

2.0

ネタバレ映画ではなく「映像のコラージュ」…。

本物のバレエの舞台さえも見たことがない私ですが バレエというものに興味だけはあるので、鑑賞。 はっきり言って、バレエの知識や経験がある人しか 楽しめない映画だな~と思いました…。 最初は人間の体の美しさ、動きの美しさに 「おぉ~」と感動していたのですが だんだん、この映画の構成が分かってきた頃から、飽きてきました…。 ダンサーたちの稽古場の様子 ↓ 経営者、指導者たちのやり取り ↓ 裏方(衣装製作、塗装工、掃除夫など)の仕事風景 ↓ パリ全体やオペラ座内部の風景 ↓ リハーサル?本番? ↓ また稽古場に戻る… 延々と、この繰り返しでした。 ストーリーもナレーションも何もなく、 この映画がどこに向かって進んでいるのかも分からず、 同じようなシーンのリフレイン…。 これは「映画」ではない。 ただの「映像のコラージュ」です。 映画ならば、何か伝えたいこととか、 最終目的地みたいなものがあるはず。 もっと、ちゃんと映像を「料理」して欲しかった。 レストランに行ったら、「これが一番美味しいんです!!」って 料理してない生の野菜を、畑から採ったまま ゴロンとテーブルに出されたような感じです。 ラストも、本番の舞台シーンが いきなりブツッと切れて終わりました。 寝ていて、映画が終わったことにも 気づいてない人もいたような…。 この映画に160分もかける必要があったんでしょうか? 100分位ならば、退屈しないで観れたのに…。

閲覧数185