レビュー一覧に戻る
パリ・オペラ座のすべて
2011年10月29日公開

パリ・オペラ座のすべて

LA DANSE, LE BALLET DE L'OPE'RA DE PARIS

1602011年10月29日公開

Honey_y9

3.0

ネタバレバレエを期待しないでオペラ座を見になら

タイトルどおり、ダンサーだけでなく、芸術監督ほか経営スタッフ、ピアニスト、照明さん、振付師、衣装さん、メイクさん、ヘアスタイリストさん、劇場修繕の方、お掃除の方、食堂の方、屋上の養蜂の方とか年金問題、怪人は出てこないけど地下水道や「マスカレード」歌いそうな大階段、屋上からのパリの町並みや朝、昼、夜のオペラ座・・・中に入った人でないと見られないところまで見せてくれました。 40歳までのダンサー生命。 歴史あるバレエ団で最高を保つために自己管理をし、精一杯踊る一流ダンサーたち。 なんて手足が長くて、鍛えられた肉体が美しいのでしょう。 25歳を過ぎたからと与えられた役を降りるダンサー。 役を抜擢され、精一杯答えようとする若いダンサー。 一流のダンサーさえも難しいと思うくらいの細かい指示をする振付師たち。 時には意見が食い違ったり。 スタッフ、ダンサーすべてを統率する芸術監督。 「全員がそろって最高のものを作ろうとしている。」 すばらしいです。 「私たちが世界一なのは偶然ではありません。」 そうですね。 たゆまぬ努力と向上心がオペラ座を支えているのでしょう。 ただ、160分と長い映画であり、よっぽどバレエが好きでないと、すばらしい音楽とダンスによって遠い世界に連れて行かれることでしょう。 リハーサルシーンから本番の様子までバレエシーンはありますが、1作品すべてが頭から見られるわけではないので、バレエそのものを期待していくとがっかりするかもしれませんよ。 オペラ座はこうしてなりたっているというのを見たければ、非常によいと思います。

閲覧数179