レビュー一覧に戻る
パリ・オペラ座のすべて
2011年10月29日公開

パリ・オペラ座のすべて

LA DANSE, LE BALLET DE L'OPE'RA DE PARIS

1602011年10月29日公開

han********

5.0

ネタバレ絶対に見られないオペラ座のバックステージ

実際にパリにでかけても一般人には絶対に見られないオペラ座のバックステージが見られて、少しも飽きさせないで2時間40分があっという間。けっこう大雑把な社員食堂?の場面が面白かった。バレエファンとしては見逃せない場面の連続で、とっても幸福。余計な説明が一切ないので、観る人の感性に訴えかける姿勢の映画なのだが、それこそ言葉を発しないバレエの本質なのだと思う。 激しい振付に息をはずませるダンサーや何度もリハーサルを繰り返すエトワールの姿など、実際の舞台からは想像もできない世界があるのだということを知る。観ている観客には天国のようなオペラ座だが、演じる方は地獄なのだなあと思った。 実際に上演された舞台も下手側の舞台袖からの撮影で、あくまでも劇場側からというは作り方は潔い。「メディアの夢」は圧倒的な迫力で感動。マッツ・エック振付の「ベルナルダの家」にはルグリが母親役を演じていて、今となっては貴重な映像。古典はともかく、コンテのミックスプロは日本では見る機会がないので、パリ・オペラ座の別の一面を見た思い。 ただし何もかも説明されなければ満足できない受身の観客には辛い映画かも。劇場は大混雑なので覚悟が必要。プログラムは写真満載でお買い得。

閲覧数160