レビュー一覧に戻る
ホースメン
2009年10月24日公開

ホースメン

HORSEMEN

R15+902009年10月24日公開

shi********

2.0

宣伝がすでにネタバレ・・・

題名だけ見た時は競馬の映画かと、それはそれで一瞬胸踊らせたが… そのまま勘違いして「何じゃこりゃ?」と観てた方が幸せだったかもしれない。 もしそんなオメデタイ方がおられたら、今すぐこれを読むのをやめよう。 これを読んでる方々はすでに手遅れ&後の祭りのハズなので言わせてもらうがチャン・ツィイーは殺人犯。 これしか売りにできなかった配給会社の苦悩(してくれたならいいが)もわかるが、知らずに鑑賞すればそれなりに楽しめたハズ。 それが唐突に明かされるのが冒頭ならまだしも中盤であるのだから配給会社の罪は重い。 それにしても取調室に入ってからのチャン・ツィイーの美しいことこの上ない。それだけがこの作品の魅力になってしまったのが残念。 地方都市、エグい死体、デニス・クエイド扮するヨレヨレ親父デカとのっけからB級色プンプンの本作は、残念ながら最後まで凡作B級のまま。 それなりのドンデン返しも用意されているが、捜査の停滞と共に映画の展開も停滞。 つまり方程式を解くシンキング・タイムがたっぷりあるわけで、不幸にも簡単に解けてしまう。 その方程式も一次方程式レベルなので解けた優越感もない。 B級ならB級なりの捨て身のぶつけ方もあるだろうに、平凡にまとめてしまったのが残念。 停滞時にはチャン・ツィイーでエロい妄想全開にして、謎解きを放棄すればそれなりに楽しめるだろう。

閲覧数170