2009年12月5日公開

インフォーマント!

THE INFORMANT!

1082009年12月5日公開
インフォーマント!
2.9

/ 217

6%
21%
35%
30%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(102件)


  • kak********

    2.0

    ”実に退屈。これは駄作!”告げ口屋の物語

    レビュータイトルはDVDの宣伝文句の”実に新鮮。これはケッサク!”を変換して感想にしたものである。 物語は、大企業の内部告発という一見シリアスな内容を中心に進行していくが、いつになっても緊迫した場面は現れず、観る者を翻弄していく。 主役は、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞脚本賞受賞のマット・デイモン。脚本賞はベン・アフレックと共に受賞したもので、演技だけではない才能を発揮している。ちなみに主演男優賞はノミネートだけに終わっている。 そのマット・ディモンのノー天気風の演技は一見の価値はあるものの、物語は一本調子で盛り上がりに欠け退屈になる。 監督は、「オーシャンズ11」のスティーヴン・ソダーバーグなのだが、この監督の作品では「コンフェッション」や「シリアナ」など低評価を付けた作品が多い。退屈になるのは”波長”が合わないのであって、相性の問題ではないかと思う。 敢えて付け加えるなら、制作総指揮はジョージ・クルーニーであり、「オーシャンズ」シリーズのようにクルーニー一家が多く関わっているのはうなずけるが、「ピースメーカー」の熱演を観てしまうと、個人的には俳優に専念して欲しくなる。 そして共演陣の中では、TVシリーズ「スタートレック:エンタープライズ」のジョナサン・アーチャー船長役で知られるスコット・バクラの出番が多い。しかし、スタートレックのファンとしては、今ひとつピリッとしないFBI捜査官の役は観たくないのが正直なところである。 最後に何と、主役のマット・デイモンまでが、観たくない姿で現れて苦笑させられる。そこでは多分”大笑い”すれば良いのだろうが、それまでの流れからして笑えなかったので、何だか”ネクラ”になったようで気分が晴れずに見終わった次第である。

  • JUNJUN

    2.0

    感想

    わかりずらいです。ただの嘘つきの映画。

  • drm********

    3.0

    大したことない

    コメディなんだけど、それほどは面白くない。 なんかすっきりとしない。 それは史実が邪魔しているのか、それともこのお話し事態が…。 マットさんが15キロ増やして望んだらしいが、残念ながらそこまでやる必要性の感じない作品だったかな?

  • スーザン

    3.0

    とにかく嫌な奴を観たければ。

    凄い、これでもかこれでもかと嘘が出てくる出てくる。 いや、本人は至って真剣なので観ている方はよけいに頭にくる。 たまにいる、こういう人・・・。 マッド・デイモンが怪演。 物凄く嫌な奴が、サラリと周りをかわしてゆく。 振り回された人間がバカを見る。 とにかくフラストレーションのたまる作品。 ソダーバーグらしいムードがイライラを盛り上げる。

  • the********

    1.0

    クソ演出、観る価値なし

    開始から20分観るのが限界だった。

  • tmm********

    3.0

    アメリカ企業の懐の深さ(笑)に驚き

    息をするように嘘をつく人間っていますよね。追求すると話を逸らす、言っていないと更に嘘を重ねる、聞き間違いだと相手を責める。 この主人公は更に頭の回転がいいからやっかい。 場当たり的に嘘をつくのに上手く事が運んでいく。保身の為に嘘をつき、人を陥れることになんの躊躇いもない。むしろ嬉々としている。 この人、己を正当化するストーリーを作り上げ心底信じることができる、凄く稀有な人間なんだろうなぁ。 こんな人間が身近にいたら嫌過ぎる。という嘘つき男の滑稽な姿をマットデイモンが好演しています。 一点気になったのが、全般を通してアジア企業、とくに日本企業をディスってるのが…バブル時代の日本企業は嫌われてたのかな。ちょっと悲しい気分になりました。

  • mab********

    3.0

    身近にいませんか?嘘つき野郎

    噓つきまくり男の物語。 私の身近にも社長の取り巻きで 嘘で他人を蹴落としていくやつが いたのでスカッとしました。 現実には、暴かれないまま 嘘つき野郎がのしあがっていったりするんですよ。

  • Mac

    4.0

    野々村竜太郎似の主人公

    野々村竜太郎議員は有名な号泣記者会見の中で、 「経費の問題は議員活動の大目標(世の中をかえたい)からすればごくごく小さな事」という趣旨の発言をしていた。 正にこの映画の主人公と同じ。 「賄賂の問題は、会社の不正を正すという大目標(会社を変えたい)からすればごくごく小さな事」 そして立場が悪くなると逃げたり、証言を変えたりする。 (かつらを含め)の野村竜太郎とこの主人公であるマークはそっくりだ。

  • npg********

    2.0

    あたし的には好きなタイプ!

    うーんクレイジー。。 そして結構長いストーリーで英語だけで見ると難しかったです。 マークの内部告発は中盤から分かったけど、 彼はクレージーっていうか病的だけど あたし的には好きなタイプでした。

  • nat********

    2.0

    笑い所はどこでしょう・・・

    解説にブラック・コメディとありますが どういうジャンルのことを示しているんでしょうか? まったく笑えない、つまらん映画でした。 音楽でコメディっぽいのはわかりますが この映画の内容で日本人は笑えるんでしょうか? アメリカ人は面白いんだろうか? どうしてもアメリカの文化を知らないせいなのか コメディや社会問題を扱った作品って 身近に感じることが出来なくて共感出来ない。 さらにこの作品に関してはのっぺらとした進行で 見ていてつまらなくかなり苦痛を感じる状態… スティーブン・ソダーバーグ監督の作品って オーシャンズ以外あまり面白いと感じたことがない気がするな。

  • sat********

    2.0

    ネタバレめちゃめちゃ複雑だ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • www********

    4.0

    コメディー?ヒューマン?サスペンス?

    映画の説明には『コメディー』って書いてあります。挿入されている音楽は陽気な感じなんですが、ストーリーは違った印象をうけました。これが実話とのことなので、なおさらへ~って感じです。是非、本人に出演してもらいたかったです(笑)。私的には大変面白い映画でした。FBIへのブラックジョークなのでしょうか?

  • shi********

    2.0

    何もかもが信用できない怪作

    題材は社会派なのだが作りは軽妙なコメディ。 もっと見やすくわかりやすくてもいいのだが、主人公の「独り言」が全編ペラペラ響きわたり、なんだかわけがわからなくなってしまう。 この主人公マークは虚言癖の卑怯者。 発する言葉の何もかもが信用できない。 「実話に基づいているが誇張あり」との説明があるが、どの辺りが真実でどの辺りが誇張なのか、もしかして「誇張」どころか「ウソっぱち」? この映画そのものがまるで信用できなくなってしまう。 すなわち術中にはまってしまったということか。 ドキュメンタリーにすれば興味深くおもしろいものになっていたと思うが。 個人的にはこの主人公マークのような人間は吐き気を催すほど嫌いなタイプ。 自分のためなら平気でウソをつき、他人を巻き込み責任をなすりつけ、自分は正義ヅラを通す。 言い訳ばかりはスラスラ並べるが口が軽い。 知能的には高いのかもしれないが、人間的には完全なバカなので、自分がどんなにバカなのかもわからない。 最近こういうタイプの予備軍的存在が多い。 注意をするとウソをつく。 思いをめぐらせた末にウソを言うのではなく、反射的にウソを言ってしまうのだ。 ちょっと睨みを利かせば正直に言う子供はまだ可愛いが、謝る前にまず言い訳、そして的外れな自己正当化、さらには別の人間に矛先を向けようとする者もいる。 何度もその愚かさを指摘したせいか、最近は人差し指を立てて見つめる(古畑任三郎or杉下右京風)か、「あぁ?」と言いながら振り返り睨みつける(ブラックレインのサトウ風)と我に返るようになった。 「我に返る」ということはまだ治ってはいないわけだが、得てしてこういう子供はほめると操りやすい。 きっとこの目立ちたがり屋マークはろくにほめられもしなかったんだろうと同情的にも思えたが、最後まで観るとそんな同情も吹き飛んでしまった。

  • eis********

    3.0

    雰囲気を楽しめる

    言ってる事が二転三転する主人公に中盤から苛立ちを感じずにはいられないが、90年代のアメリカの会社の雰囲気がよくわかる。ウイッテカーは服役後にまた別の会社の重役になったとあるが、やっぱり頭の切れる人だったのか?

  • obh********

    3.0

    ハゲかい!

    あ~大好きなマットデイモンでも こんなのは似合わない! 太ったバーコードなんて・・・ でもマット作品だから見たけど。 話もコメディと言っても笑えないし。 嘘つきに振り回される話。 とりあえずマットのハゲだけが印象にのこったわ;

  • jig********

    2.0

    嘘から出た本当のようなウソ

    マット・デイモンが太っている! たぶん役作りでしょうが、ぽっちゃりマットが あれやこれやと嘘を重ねて人生おかしくなって行く様が 描かれていますがイマイチ話がわかりにくい。 とりあえず、 マット演じる男がFBIなどに持ちかけて 内部告発をして盗撮や盗聴に協力しているという あたりはわかるものの肝心の話がイマイチ見えてこない。 そもそもこの人なにしてるの?と まったく関心が持てなかったのは 彼の仕事の話にまったく興味がなかったからでしょう。 もう少しわかりやすい話だったなら、 盗聴シーンとかの会話も興味が持てたのでしょうが、 何の取引して何がどーなっているのか 私の無関心脳では理解できず作品への のめりこみ度はかなり低かったです。 そんな無関心話でも後半になるとこの人やばいって、 かな~り嘘を重ねてやばいことになってるんじゃないの? と理解できてきます。 というかもう見え見えの嘘重ねてるので、 あぁ~あ・・て呆れちゃう感じです。 よくもまぁこうまで嘘が湯水のように沸くのか不思議ですが、 多かれ少なかれ長い人生、 こういう人居たよね~と思うので そういう人の集大成が本作の主人公と思えば納得か。 この話が実話として、 よくもまぁここまで周囲を騙せていたものだと関心します。 大抵途中で何か言ってることおかしいよね・・とか 思いそうなものですが、 それすらも感じさせなかったということは 実際の人物は相当のやり手なのでは。 こんな人とは関わりたくないですよね~あっはっは、 て笑って会話していた人が実はこんな人かもね。 そんな想像しながら観ると楽しいかもしれません。

  • kyo********

    4.0

    ネタバレ予告編が悪すぎる!誤解も当然だが・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 3.0

    嘘の上塗り。恥の重ね塗り。。

    会社を内部告発した重役が、FBIに協力してその実態を探る。かなりお間抜けなこの男=大丈夫なのか?と思わせておいて、、、実は、、、、っていう実話を基にしたストーリー。。 でも冒頭には「実話に基づく映画ですが、一部の出来事と人物は脚色。セリフは誇張されています。あしからず。。」なんて出てきたから、てっきりコメディだと思ってしまいました。でもでも、それも勘違い(T_T)。。。 ☆マット・デイモン・・・嘘つきで誇大妄想。自分が大事で知能は高い。でも、言動は不自然だし、つじつまが合わない事もしばしば。どうしてこんな男に、周りが振り回されたのか、、って男を熱演。巧いです。でも、近寄りたくはないし、大嫌い。。 ☆奥さん・・・中学校からの同級生?彼の嘘を全部知ってるんだよね?それでも一緒にいる訳が知りたいわ。。 ☆会社の皆さん・・・まぁ、実社会に居そうだし、ありそうな事件ですよね。 ☆FBI・・・こんな嘘も見抜けないの?ダメでしょう。。。 ☆音楽・・・アメリカの古臭いTVドラマみたいなんですよ。わざとらしくて大げさ。。 ☆ソダーバーグ監督・・・好きな作品は大大大好き。でも、苦手なのもいっぱい。。不思議です。。 真面目に見てるとアホらしい。苦笑場面が多くてキツい。影の声がクドい(っていうか意味不明)。う~ん、、、、ゴメンナサイ。。。。 これって、日本の企業から苦情(訴訟)なんてなかったのかな?韓国の会社も実在するよね。ってことは、他の名前もみんな本物??

  • bea********

    2.0

    ネタバレもっとわかりやすく造れるでしょう?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ms1********

    3.0

    嘘でFBIを振り回した男!

    マット・デイモンがこの映画のために15?も増量したことでちょっとした話題になっている本作。 一足お先に、鑑賞して参りました。 リジンと呼ばれるアミノ酸を作る工場でウイルスが発生したところから物語は始まる。 工場の責任者であるマーク・ウィテカーは、 「ウイルスをばらまいた日本の企業のスパイから1000万ドル払えという脅迫を受けた」 と報告。 交渉し、金額を下げろと命じられたが、実は脅迫の話は全くの嘘。 ところが、上層部がFBIに捜査の依頼をしてしまう。 さて、困ったマークはやって来たFBIに【世界企業との価格協定】という自社の違法行為を告白。 FBIに証拠集めを頼まれ、盗聴器や隠しカメラで気分はすっかりスパイだ。 自分は007の倍賢いという理由で「0014」と名乗る始末。 そんなわけで価格協定の証拠を提供するマークだが、自分が昇級すると知って告発をキャンセルしようとする。 何がしたいんだよお前は!! 名門大学を卒業し、33歳の若さで大企業の重役にまで上り詰め、年俸35万ドルのエリート。 そして愛する妻と子供に囲まれた良き家庭人。 なぜこんな男が内部告発を? 当然、FBIも疑問に思ってくる。 企業に捜査が入り、マークはFBIの勧めで弁護士を雇う。 そこからマークという男のやって来たことが徐々に明るみに出てき始めた。 いやあ、なかなかの小悪党だね、こいつは。 ワイロや横領は日常茶飯事。さらに価格協定を告発したのも、結局は自分のしてきたことを隠すためなんだから。 次々に暴かれる、彼の嘘。 そして彼は自分を守るために、さらに嘘をつく。 もはや、泥沼である。 マット・デイモンの演技は良いと思うし、扱う題材も面白い。 しかしなんだろう、この物足りなさは。 なんか、パッとしない。 盛り上がりに欠ける。 笑えるというより、苦笑するというこの微妙な空気。 うーん、正直、ちょっと期待はずれだったかな。 鑑賞前にマット・デイモンの次回作、モーガン・フリーマンとの共演でクリンスト・イーストウッド監督の『インビクタス/負けざる者たち』のチラシをもらった。 これも実話だそうだが、こっちの方が面白そうだと思ったのは私だけではあるまい。

1 ページ/6 ページ中